Rakuten infoseek

辞書

てある【てある】

大辞林 第三版

てある
( 連語 )
〔接続助詞「て」に補助動詞「ある」の付いたもの〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

て‐あ・る
[連語]《接続助詞「て」に補助動詞「ある」の付いたもの》
動作・作用の結果が続いていることを表す。「戸が開け―・る」
動作・作用が存続中であることを表す。…ている。
「久しく雨ふり―・るか」〈四河入海・一〉
過去の動作・経験を表す。
「楚の将子反に、まみえ―・った」〈蒙求抄・九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て‐あ・る
〘連語〙 (接続助詞「て」に補助動詞「ある」の付いたもの)
動作・作用が、存続、または繰返し進行中であることを表わす。…ている。
※四河入海(17C前)一「此間、久く雨ふりてあるか」
※古道大意(1813)上「其を古へより大和心とも、大和魂とも申してある」
② 動作・作用の完了した状態が存続していることを表わす。
(イ) 自動詞に付く場合。
※今昔(1120頃か)二四「土佐守に成て其国に下て有ける程に、任畢(をはれ)り」
※中華若木詩抄(1520頃)下「源平両家位を争て、天下二つになりてあるぞ」
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉一三「欄間に懸(かかっ)てある鎗をはづし」
(ロ) 他動詞に付く場合。
※歌舞伎・傾城江戸桜(1698)中「次ぎに風呂に湯も立ててある」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「此方は何も確い約束がして有るんでないから」
③ 過去の動作・経験を表わす。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)九「華元が夜るひそかに城を出、楚の将子反に、まみへてあった」
[語誌](1)「て」と「あり」との結び付きは、上代からあったが、その「あり」には、存在の本義が認められる。後に「あり」は補助動詞としての性格を強め、「てある」が動作・作用の存続の状態を表わす言い方として用いられるようになった。
(2)近世後期の江戸語あたりからは、「衣が干してある」のように、他動詞の表わす動作・作用の目的物を主語とする②(ロ)の場合に限られるようになり、その他の場合は、現代標準語としては「ている」に代わられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てある」の用語解説はコトバンクが提供しています。

てあるの関連情報

他サービスで検索

「てある」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.