Rakuten infoseek

辞書

つぼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

つぼ
lagena
内耳にある小盲嚢で,蝸牛管の起始部にあたるところをいう。哺乳類では内耳は半規管と,蝸牛管の部分に大別され,中間を球形嚢がつないでいるが,鳥類以下では蝸牛管は渦巻になるほど発達せず,の形にとどまっている。つぼは聴覚よりも,半規管と合せて体位平衡感覚に関係するとされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つぼ
経穴」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つぼ
volva
フクロタケやベニテングタケなど,担子菌類キノコ子実体の最外層で袋状になっているところが,キノコの生長につれて傘の柄の下部に袋状に残った部分をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

つぼ
つぼ / 壺
一般に、多くのなかからそれと見極めたところをいい、場面や状況によって種々使い分けられている。矢を射るときには、そのねらいどころ(矢壺、矢所)をいい、鍼灸(しんきゅう)では身体の定まった位置〔灸点、経穴(けいけつ)〕、邦楽では三味線などの弦楽器の勘所(音の高さを決める点で、この押さえ方が甘いと音が狂う)をいう。口が小さくつぼんだ壺の形から出た俗称といい、見込んだところ、ねらいどころ、図星(ずぼし)、急所、勘所などと同義に使われる。[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つぼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

つぼの関連情報

他サービスで検索

「つぼ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.