Rakuten infoseek

辞書

つづ【つづ】

大辞林 第三版

つづ
射芸で、矢がすべて的まとに当たること。 「五度の-をし給ひければ、都良香感に堪へ兼ねて/太平記 12
〔射芸で一度に二矢ずつ、五度で一〇矢を射るところから〕 じゅう。とお。 〔日葡〕
〔「つづ(十)やはたち(二十)」の語形で用いられたことから誤解して〕 一九歳。 「 -や廿歳はたちの娘では無し/鉄仮面 涙香

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つづ
〘名〙
① 弓で、射た矢がすべて的(まと)にあたること。弓の技量を競うときに、一度に二本、五度の勝負で合計一〇本の矢を射るところからいう。
※太平記(14C後)一二「矢色弦音弓倒し、五善何れも逞く勢有て、矢所一寸ものかす、五度の十(ツヅ)をし給ければ」
② とお。じゅう。十。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ (「つづ(や)はたち」という形で用いられたところから誤って) 一九歳。→つづはたち
※天理本狂言・枕物狂(室町末‐近世初)「こいのれんぼのと云事はつつや廿になる者の事でこそあれ」
※浄瑠璃・摂州合邦辻(1773)下「十九(ツヅ)や二十(はたち)の年輩(としばい)で器量発明勝れた娘」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つづ
〘名〙
植物しろだも」の異名
② 植物「むくろじ(無患子)」の異名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つづ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

つづの関連情報

他サービスで検索

「つづ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.