Rakuten infoseek

辞書

だも【ダモ】

デジタル大辞泉

だも[副助]
[副助]《副助詞「だに」+係助詞「も」の音変化》…でさえも。…ですらも。おもに漢文訓読系統の文章にみられる。
「科学の法則を、想像―及ばざる昔に引張れば」〈漱石・思ひ出す事など〉
「男は功に―報ぜられず」〈平家・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だも
( 連語 )
〔副助詞「だに」に係助詞「も」の付いた「だにも」の転〕
接続・意味ともに「だにも」に大体同じ。 「夢に-あふとみるこそ嬉しけれ残りの頼みすくなけれども/和泉式部集」 → だにも(連語)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だも
〘名〙 (「たも」とも)
植物たぶのき(椨)」の異名。〔俳諧毛吹草(1638)〕
② 植物「やぶにっけい(藪肉桂)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
③ 植物「とろろあおい(黄蜀葵)」の異名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だ‐も
(副助詞「だに」に係助詞「も」のついた「だにも」がつづまったもの。→補注) 接続・意味ともに「だにも」とほぼ同じ。古くは主として漢文訓読系の資料に見られる。
※地蔵十輪経元慶七年点(883)一〇「夢中にだも亦暫くも廃つること无し」
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉七「科学の法則を、想像だも及ばざる昔に引張れば」
[補注]「だにも」の音便化した「だんも」の撥音便が表記されず、「だも」と書かれたために、やがて発音も文字にひかれて「ダモ」となった、といわれる。但し一説には「ここだ」「いくだ」などに見られる接尾語的要素「だ」に直接「も」が添加したものか、という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だも」の用語解説はコトバンクが提供しています。

だもの関連情報

他サービスで検索

「だも」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.