Rakuten infoseek

辞書

だに【ダニ】

デジタル大辞泉

だに[副助]
[副助]名詞活用語連体形連用形副詞助詞に付く。
仮定・意志・願望・命令などの表現を下に伴って、取り上げた事柄が最小限であることを強く示す。せめて…だけでも。
「ここに心にもあらでかくまかるに、昇らむを―見送り給へ」〈竹取
軽い事柄をあげて他のより重い事柄のあることを類推させる意を表す。…さえも。…でさえ。…だって。
「消息(せうそこ)を―言ふべくもあらぬ女のあたり(=身辺)を思ひける」〈伊勢・七三〉
[補説]上代では1が主で、2は「すら」の領域であったが、平安時代には多く打消しの表現と呼応する形で「すら」の領域をも兼ねるようになった。また、平安時代の末ごろからは添加の意の「さへ」に近い用法も現れ、室町時代には2の用法は「さへ」が代用するようになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だ‐に[連語]
[連語]《断定の助動詞「だ」+接続助詞「に」》
(終助詞的に用いて)軽い感動の意を添える。…だからなあ。…なのになあ。
「恰(ちょう)ど仕立物に掛ったとこ―」〈逍遥・内地雑居未来之夢〉
逆接的な接続を表す。…なのに。
「あれは夏あるくもん―霜枯には珍らしいの」〈滑・浮世床・初〉
順接的な接続を表す。…だから。
「久しぶり―、ちょっと参らうかと思ひやす」〈洒・辰巳之園

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だに
( 副助 )
体言またはそれに準ずる語、およびそれらに助詞の付いたもの、副詞などに接続する。
最小限の物事・状態を取りあげて、それが限度であることを示す。下に命令・希望・意志・打ち消し・仮定などを表す語を伴うことが多い。せめて…だけでも。だけでも。 「言繁み君は来まさずほととぎす汝なれ-来鳴け朝戸開かむ/万葉集 1499」 「人しれずたえなましかばわびつつもなきなぞと-いはましものを/古今 恋五
軽重いずれかの方向について、その程度のはなはだしい事柄・状態を取りあげて、他を類推させる。「すら」と同じ用法で、中古以降のもの。さえ。でさえ。 「白雲のたえずたなびく峰に-すめばすみぬる世にこそありけれ/古今 雑下」 「その後永く鏡を恐れて手に-取らず/徒然 134
事態がさらにその範囲・程度を増すということを表す。「さへ」と同じ用法で、中世前期以降のもの。までも。 「後生ごしようで-悪道へおもむかんずる事の悲しさよ/平家 1」 〔上代では、「だに」は、「すら」「さへ」とそれぞれ意味を分担して並び行われ、 の意で多く用いられた。中古から中世前期にかけては の用法が中心となり、「すら」に代わって用いられるようになる。中世後期になると、「だに」は勢力を失い、「さへ(さえ)」がこれに代わって用いられるようになる〕 → すらさえ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だに
( 連語 )
〔断定の助動詞「だ」に接続助詞「に」の付いたもの〕
順接的な関係での接続を表す。だから。 「久しぶり-、鳥渡ちよつと参らうかと思ひやす/洒落本・辰巳之園」
逆接的な関係での接続を表す。なのに。 「髪結床といふものは早く起きる筈はず-、馬鹿馬鹿しい/滑稽本・浮世床

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だに
〘副助〙 体言または体言に準ずるもの、およびそれらに助詞の付いたもの、副詞などを受ける。
① 期待される最小限のものごと・状態を指示する。従って「だに」を含む句の述語は、命令・意志・願望・仮定あるいは否定・反語である事がほとんどである。せめて…だけでも。→語誌(1)(2)。
※書紀(720)皇極二年一〇月・歌謡「岩の上に 小猿米焼く 米多儞(タニ)も 食(た)げて通らせ 山羊(かましし)の老翁(をぢ)
※万葉(8C後)四・六六一「恋ひ恋ひて逢へる時谷(だに)うつくしき言(こと)つくしてよ長くと思はば」
② 程度の甚だしい一事(軽重いずれの方向にも)を挙げて他を類推させる。類推される事柄が、「況や・まして」の語に導かれて示される場合もある。本来は「すら」の用法であったが、中古以後「すら」を圧倒する。…さえ。…までも。→語誌(3)(4)。
※万葉(8C後)四・五三七「言清くいたくもな言ひ一日(ひとひ)太爾(ダニ)君いし無くはあへかたきかも」
※古今(905‐914)春下・一〇六「吹く風を鳴きて恨みよ鶯は我やは花に手だにふれたる〈よみ人しらず〉」
[語誌](1)①の否定・反語の表現に用いられた場合は「(せめて…だけでもと願っているのに、その)…さえも…せぬ」の意で、最小限の期待・希望が前提となっているが、その前提は言外に隠れ、「…さえも…せぬ」の意が前面に現われている。ここに、②へと転ずる契機がある。
(2)上代においてはこの①が用法の主流であるが、中世以後は殆ど用いられなくなり、「さえ」がこれに代る。
(3)②は上代にも「万葉集」に見えるが、わずかである。
(4)中世前期において②は用法の主流を占めていたが、中世後期に至り、急速に勢力を失い、「さえ」に取ってかわられる。
(5)語源については、「唯それ一つだけ」の意を表わす「唯に」の約とする説〔改撰標準日本文法=松下大三郎〕、「直に」の約音とする説〔万葉考・広日本文典別記=大槻文彦〕、デアルニの義とする説〔名言通〕などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だ‐に
[1] (断定の助動詞「だ」に接続助詞「に」の付いたもの)
① 順接的な関係での接続を表わす。…だから。
※洒落本・辰巳之園(1770)「久しぶりだに、鳥渡参ろふかと思ひやす」
② 事柄に対する不満の感情をこめて、逆接的な関係での接続を表わす。…なのに。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「髪結床といふものは早く起る筈だに馬鹿々々しい」
[2] (断定の助動詞「だ」に終助詞「に」の付いたもの) 文末の断定に軽い感動をこめる。…なのに。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一一「恰(ちゃう)ど、仕立物に掛ったとこだに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だに」の用語解説はコトバンクが提供しています。

だにの関連情報

他サービスで検索

「だに」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.