Rakuten infoseek

辞書

だす【だす】

大辞林 第三版

だす
( 助動 ) ( ○ ・だし ・だす ・○ ・○ ・○ )
〔「でやす」の転。近世上方語〕
軽い丁寧の意を持った断定を表す。です。 「どいつも銭のねえふうだす/洒落本・中洲之華美」 「夫だがいまつからあ半ん端だす/洒落本・真女意題」 〔現代では大阪その他の方言として用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だす
〘名〙 魚「だつ(駄津)」の異名。
※評判記・難波物語(1655)「だすといふ魚のくちに、あやかりけるにや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だす
〘助動〙 (活用は「◯・だし・だす・◯・◯・◯」。「で‐やす」の変化した語) 「です」にあたる断定の助動詞丁寧語。明治以後は大阪地方の方言。
洒落本・真女意題(1781)「夫だがいまっからア半端だす、モウ何時だヱ」
[補注]終止形は、少しぞんざいな言い方では、「だす」の「す」を省き、「だァ」という。下にカ行音が来る場合や、終助詞「え」、推量の助動詞「やろ」などが結合する場合には促音便になって、「だっか」「だっけど」「だっせ」「だっしゃろ」となり、ナ行音が来れば「だんな」「だんねん」と撥音便になるのが普通。また、促音の直下では「だす」は「えらいこったっせ」など、清音となる。もと船場(せんば)を中心とする商家のことば。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

だすの関連情報

他サービスで検索

「だす」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.