Rakuten infoseek

辞書

たま電気自動車

日本の自動車技術240選

たま電気自動車
終戦により立川飛行機(後のプリンス自動車)は自動車メーカーへの転換を図り、東京都北多摩郡府中町に工場を借りて、電気自動車を造る事になった。当時はガソリンの統制時代で燃料事情も悪かったため、電気自動車に着目して研究をすすめた。昭和21年には試作車(EOT-46)2台が完成。オオタ号トラックの荷台の下にバッテリーを積み、ボンネットの下にエンジンの代りにモーターを入れただけのものだった。翌22年には、独自設計によるのボディによる試作車(EOT-47)が完成。フェンダーに直接取り付けられたヘッドランプや、アリゲーター型ボンネットカバー等新しいアイディアを取り入れたものだった。5月に待望の乗用車(E4S-47)が完成。車名は土地の名にちなんで「たま」とした。2ドアセダン、最高速度35km/h、1充電走行距離65km。6月に社名を「東京電気自動車」とし、その後順次改良型を発売。49年型たまセニア号では、1充電200kmの走行が可能になった。保管場所日産自動車(株)座間事業所 (〒228-0012 神奈川県座間市広野台2-5000)
製作(製造)年1947
製作者(社)東京電気自動車株式会社
資料の種類量産品
現状保存・非公開
車名たま電気自動車
モデル名E4S-47-1型
会社名東京電気自動車(株)
製作開始年1947
車種・用途小型電気乗用車
実車所在/模型日産自動車・座間
スタイルセダン
ドア数2ドア
乗員4名
車両重量1050kg
構造木骨スチール
バンパースチール
ステップあり
全長3,200mm(バンパー共)
全幅1,270mm
全高1,650mm
フレーム梯子型
前軸逆エリオット型
後軸セミフローティング式
軸距2,000mm
ステアリングウォームアンドローラー式
気化器なし
最高出力/回転数4.5PS
特徴電動機:36ボルト、120アンペア蓄電池:40ボルト、162アンペア
ハイブリッドシステム形式なし
変速機2速
モード燃費-
参考文献1)『日産自動車社史(1964-1973)』日産自動車、1975年、2)プリンス自動車工業社史、3)『国産車100年の軌跡』別冊モーターファン
その他事項前照灯:2灯;足ブレーキ:機械式4輪制動;最終減速:7.72;最高速度:35km/h;ワイパー:あり;

出典:社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たま電気自動車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

たま電気自動車の関連情報

他サービスで検索

「たま電気自動車」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.