Rakuten infoseek

辞書

たたなづく【タタナヅク】

デジタル大辞泉

たたな‐づく
[枕]
幾重にも重なっている意から、「青垣」「青垣山」にかかる。
「―青垣山籠れる大和しうるはし」〈・中・歌謡〉
かかり方未詳。「柔膚(にきはだ)」にかかる。
「夫(つま)の命(みこと)の―柔膚すらを」〈・一九四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たたなづく
( 枕詞 )
重なり付く意か。「青垣山」または「青垣」にかかる。 「大和は国のまほろば-青垣山隠れる大和しうるはし/古事記
「柔膚にきはだ」にかかる。 「なびかひし夫つまの命の-柔膚にきはだすらを/万葉集 194

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たたな‐づく
① 幾重にも重なっている意で、「青垣」または「青垣山」にかかる。
※古事記(712)中・歌謡「大和は 国のまほろば 多多那豆久(タタナヅク) 青垣 山ごもれる 大和しうるはし」
② 「柔肌(にきはだ)」にかかる。かかり方未詳。
※万葉(8C後)二・一九四「玉藻なす 彼寄りかく寄り 靡(なび)かひし 夫(つま)の命の 多田名附(タたなづく) 柔膚(にきはだ)すらを つるぎ大刀 身に添へ寝ねば」
[補注](1)「たたな」は、「たたぬ」「たたむ」などと語根を同じくするもので、たたみ重なる意を表わし、「づく」は「付く・着く」の意であろうという。
(2)②の用法は、人麻呂が古い枕詞を転用させたものかといわれるが、そのかかり方は衣が重なったように柔らかになびく意からとか、身を折りかがめる意からなど、諸説ある。なお、この①②とも、枕詞としない説も多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たたなづく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

たたなづくの関連情報

他サービスで検索

「たたなづく」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.