Rakuten infoseek

辞書

ぞろり【ゾロリ】

デジタル大辞泉

ぞろり
[副]
多くのものが一続きにつながっているさま。「各界の名士がぞろりと居並ぶ」
だらしない感じに和服を着くずしているさま。また、場違いにはでな衣装を着ているさま。
「棒縞の綿入半纏(わたいればんてん)を―と羽織(はお)って」〈鏡花・註文帳〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぞろり
( 副 )
多くのものがひとつながりまたは、ひとかたまりになっているさま。 「つるをひっぱると、さつま芋が-と出てきた」
着物を、長めにしどけなく、あるいは着流しに粋いきな風に着ているさま。 「粋な天神にお召の書生羽織を-と着て/社会百面相 魯庵

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞろり
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 多くのものが一つながりになっているさまを表わす語。ぞろっと
※雲形本狂言・朝比奈(室町末‐近世初)「後生を願(ねがひ)彌陀の浄土へはぞろり、〈略〉釈迦の浄土へはぞろり」
② 衣服をひきずるように、だらしない感じに着流しているさまを表わす語。また、玄人(くろうと)の女のような、あるいは、通(つう)ぶった、くずれた感じに、派手な衣服で着飾っているさまを表わす語。ぞろっと。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「おめしちりめんの二まいぞろいぞろりとしたこしらへゆゑ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞろり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぞろりの関連情報

他サービスで検索

「ぞろり」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.