Rakuten infoseek

辞書

ぞも【ゾモ】

デジタル大辞泉

ぞ‐も
[連語]《係助詞「ぞ」+係助詞「も」。古くは「そも」とも》
文中にあって、その付く語を感動を込めて強く示す意を表す。「これ」を受ける文末の活用語は原則として連体形をとる。…はまあ。
「いかにある布勢(ふせ)の浦―ここだくに君が見せむと我(われ)を留むる」〈・四〇三六〉
多く文末にあって、疑問の意を表す語とともに用いられ、感動を込めて強く示す意を表す。(いったい)…かなあ。
「うちわたすをちかた人に物申すわれそのそこに白く咲けるは何の花―」〈古今・雑体〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぞも
( 連語 )
〔係助詞の「ぞ」と「も」とが重なったもの。古くは「そも」〕
文中にあって感動と強めの意を表す。結びの活用語は連体形をとる。 「人よりは妹-悪しき/万葉集 3737
文末にあって、感動をこめて強く指示する意を表す。 「我がやどの葛葉日に異に色付きぬ来まさぬ君は何心-/万葉集 2295

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞも」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぞもの関連情報

他サービスで検索

「ぞも」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.