Rakuten infoseek

辞書

ぞは

精選版 日本国語大辞典

ぞ‐は
(係助詞「ぞ」および「は」の文末用法が重なったもの) 中古、疑問を表わす文に用いられる。「ぞ」は本来、聞手に対する働きかけであるが、下に「は」がつくことによって詠嘆性の方が強くなる。
※兼盛集(990頃)「群れたちて目もはるの野に引く松の千とせの数はたが為にぞは」
※源氏(1001‐14頃)夕霧「何につけてか世に経るはえばえしさも、常なき世のつれづれをもなぐさむべきぞは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞは」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぞはの関連情報

他サービスで検索

「ぞは」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.