Rakuten infoseek

辞書

ぞくり

精選版 日本国語大辞典

ぞくり
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 急激に、また、はげしく、寒気の身に感じるさまを表わす語。
多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「襟元から粛々(ゾクリゾクリ)と悪寒くなるのに、火燵の火さへ消えかかるので」
② 物を力をこめて切ったり割ったりするさまを表わす語。ざくり。
※落語・鼻無し(1895)〈四代目橘家円喬〉「奥の間へ往って鏡台の引出しより剃刀を出しまして鼻をズカリ、髪をゾクリ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞくり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぞくりの関連情報

他サービスで検索

「ぞくり」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.