Rakuten infoseek

辞書

そら【ソラ】

デジタル大辞泉

そら[感]
[感]注意を促すときなどに発する語。それ。「そら行くぞ」「そら見ろ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そら[副助]
[副助]副助詞「すら」の音変化。
「下品(げぼん)の人―、この太子の形、有様を見ては近づかじ」〈今昔・三・一五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そら[連語]
[連語]それは」の音変化。くだけた会話に用いられる。「そらそうだ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

そら
長野県上水内郡信濃町にある一茶記念館の初代ねこ館長。黒白柄のオス。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そら
( 感 )
注意を喚起したり、指示したりするときに用いる語。それ。 「 -、打つぞ」 「 -、行け」 「 -、見ろ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そら
( 副助 )
〔中古末から中世前期へかけて、主として漢文訓読系統の文に「すら」に代わって用いられた〕
体言またはそれに格助詞の付いたものや体言に準ずる語に付いて、極端な事柄を例として提示し、他の一般を推し量らせる。さえ。すら。 「草木-別離を惜しむなりけり。いかにいはんや人をや/今昔 10」 「此島にて只の都人の行逢たらん-うれしさは限なかるべし/平家 二本・延慶本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

そらの関連情報

他サービスで検索

「そら」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.