Rakuten infoseek

辞書

そよ【ソヨ】

デジタル大辞泉

そよ[副]
[副]風がかすかに吹くさま。また、物が揺れてたてるかすかな音などを表す語。「風がそよとも吹かない」
「負ひ征箭(そや)の―と鳴るまで」〈・四三九八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ‐よ[感]
[感]ふと思い出したときや、あいづちを打つときなどに用いる語。そうだ。そうそう。それそれ。→そよや
「御前にこそわりなくおぼさるらめと言へば、―、などかうはとて」〈夕顔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そよ
( 副 )
静かに風などの吹くさま。また、ゆれて物の触れ合うかすかな物音を表す語。 「風が-とも吹かない」 「負ひ征箭そやの-と鳴るまで/万葉集 4398
[句項目] そよとの風

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そよ
( 感 )
〔代名詞「そ」に助詞「よ」の付いた語〕
事に触れて思い出したり、あいづちを打ったりするときに発する語。それよ。 「 -。など、かうは/源氏 夕顔

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そよ
[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) しずかに風の吹く音、また、物が触れあってたてるかすかな音などを表わす語。
※万葉(8C後)一二・二八八五「さ夜更けて妹を思ひ出でしきたへの枕も衣世(ソヨ)に歎きつるかも」
※古本説話集(1130頃か)六八「やがて出づるに、後にそよと鳴りて、人の気色、足音す」
[2] 〘名〙 風のことをいう山ことば。〔随筆・北越雪譜(1836‐42)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ‐よ
〘感動〙
① ふと思い出したり相づちをうったりするときにいう語。それそれ。それよ。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「そよ、それにつけてもの思はせ奉りけんを思ふに、いと苦しうなむ」
② 歌謡のはやしことば。
※風俗歌(9C前‐11C中か)小車「小車錦の 紐解かむ 宵入を忍ばせ夫 よやな 我忍ばせ子 我忍ばせ 曾与(ソヨ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そよ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

そよの関連情報

他サービスで検索

「そよ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.