Rakuten infoseek

辞書

そのほか

六訂版 家庭医学大全科

そのほか
Other
(食中毒)

 魚類では、ブダイ科のアオブダイおよびハコフグ科の魚の肝臓に含まれるパリトキシン様毒成分により筋肉痛、関節痛、ミオグロビン尿症などが、タウエガジ科のナガズカの卵巣に含まれるジノグネリンにより胃腸障害(嘔吐、下痢、腹痛)が引き起こされます。前者では死亡例もあります。そのほか、ギンダラ科のアブラボウズは筋肉に多量のトリグリセリドを、クロタチカマス科のバラムツおよびアブラソコムツは筋肉に多量のワックスを含み、食べると下痢が起こります。また、ハタ科のイシナギの肝臓はビタミンA過剰症の原因になります。

 二枚貝による中毒としては、PSP、DSPによる中毒のほか、嘔吐、腹痛、下痢に加えて記憶障害という特異な症状を伴う中毒(記憶喪失性(きおくそうしつせい)貝毒中毒)が知られています。原因毒はシュードニッチア・マルチセリエスなどの珪藻が産生するドウモイ酸です。

 巻貝では、ツブあるいはツブ貝として流通しているエゾバイ科巻貝のヒメエゾボラ、エゾボラモドキなどは唾液腺に毒成分(テトラミン)を高濃度に含み、食後30分~1時間で頭痛、めまい、船酔い感、酩酊感(めいていかん)などの中毒症状が現れます。唾液腺を除去すれば中毒は防止できます。

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そのほか」の用語解説はコトバンクが提供しています。

そのほかの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.