Rakuten infoseek

辞書

そな【そな】

大辞林 第三版

そな
( 連体 )
〔「そこな」の転〕
そこにいる。そこの。 「いや、なに、-者、たとへ打負けたればとて力を落すな/浄瑠璃・彦山権現」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そ‐な
連体〙 (「そこな」の変化した語) そこにいる。そこの。
※浄瑠璃・鬼一法眼三略巻(1731)四「内々聞いた女芸者はそな者か」
※歌舞伎・北条九代名家功(高時)(1884)中幕「御勘気御免なき内に濫りに其な場へ立越しては」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そな
〘助動〙 助動詞「そうな」の変化した語。
※浄瑠璃・心中天の網島(1720)上「だてしゅぢまんといひそな男。たしかに太兵衛様かと見た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そな」の用語解説はコトバンクが提供しています。

そなの関連情報

他サービスで検索

「そな」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.