Rakuten infoseek

辞書

そそく【そそく】

大辞林 第三版

そそく
( 動四 )
いそがしく事をする。 「初夜そやおこなふとて、法師-・けば/蜻蛉
そわそわする。 「明日の事思ひ侍るに、今よりいとまなくて-・きはんべるぞ/堤中納言 貝あはせ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そそく
( 動四 )
けば立たせる。乱す。 「これかれ-・きはべらんもうるさきに/大鏡 道長
( 動下二 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そそ・く
[動カ四]
取り急ぎ事をする。
「初夜(そや)おこなふとて、法師―・けば」〈かげろふ・中〉
落ち着かないでいる。そわそわする。
「いつしか雛(ひひな)おしすゑて―・きゐ給へる」〈紅葉賀

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そそ・く
[動カ下二]そそける」の文語形

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そそ・く
〘自カ四〙 (「そそける」と同語源か)
① 事を急ぐ。とり急ぎ事をする。また、「そそきあぐ」「そそきたつ」「いいそそく」どと他の動詞と熟して用いて、その動作を急いでする意を添える。
※蜻蛉(974頃)中「初夜(そや)おこなふとて、法師そそけば」
② そわそわする。落ち着かないでいる。
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「いつしか雛(ひひな)おしすゑて、そそきゐたまへる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そそ・く
[1] 〘自カ下二〙 ⇒そそける
[2] 〘他カ四〙 けばだたせる。
大鏡(12C前)五「ひの御袙のあまた候けるを〈略〉これかれそそき侍らんもうるさきに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そそく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

そそくの関連情報

他サービスで検索

「そそく」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.