Rakuten infoseek

辞書

せる【セル】

デジタル大辞泉

せる[助動]
[助動][せ|せ|せる|せる|せれ|せろ(せよ・せい)]五段動詞の未然形サ変動詞の未然形「さ」に付く。
相手が自分の思うようにするよう。また、ある事態が起こるようにしむける意を表す。「使いに行かせる」「あすは休まてやる」
(「せていただく」「せてもらう」の形で)相手方の許しを求めて行動する意を表す。「言わていただく」「やらてもらう」
(「せられる」「せたもう」の形で)尊敬の意を表す。「殿下は極めてご多忙であらられる」→させる

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せる
( 助動 ) ( せ ・せ ・せる ・せる ・せれ ・せろ(せよ) )
〔助動詞「す」の下一段化したもの〕
五段およびサ行変格活用の動詞の未然形に接続する。
使役の意を表す。
誰かに対して動作をしかけるようにほかに仕向ける。 「母親が姉に騒ぎ回る弟たちを叱らせる
動作をするように、誰かに仕向ける。 「監督は打者に初球を打たた」
(自動性の動詞に付いて)他動性の動作の働き掛けを強調する。 「時計の針を二〇分ほど進ませる
動作の放任・許容の意味を表す。 「もうしばらく休まてやれ」 「一足先に行かてもらいます」
不本意なことや迷惑なことを表す。 「子供を交通事故で死なせる」 「買い物に三時間もつき合わられる」
(「せられる」「せ給う」などの形で)動作を尊敬する意を表す。 「ますます御健勝にわたらられる」 「当山の開祖に当たら給うお方」 〔サ変動詞のうち、「決する」「制する」など、漢字一字の漢語と複合した類のものには、「決せさせる」「制せさせる」のように、助動詞「させる」が付く〕 → す(助動)させる(助動)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せる
〘動〙 (終止形連体形だけが見られる) する。行なう。
滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)三「『アゼどふせる』『ハテおれがせることがある。見され』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せる
〘助動〙 (活用は「せ・せ・せる・せる・せれ・せよ(せろ)」。五段(四段)活用の動詞の未然形に付く) す
(活用は「せ・せ・す・する・すれ・せよ」。四段活用、ナ行・ラ行変格活用の動詞の未然形に付く)
[一] 使役の意を表わす。
① 他にその動作をさせる意、またはそのように誘発する意を表わす。
※万葉(8C後)一八・四〇六七「二上(ふたがみ)の山に隠れるほととぎす今も鳴かぬか君に聞か勢(セ)む」
※平家(13C前)四「馬の足の及ばうほどは、手綱をくれて歩ませよ。はづまばかい繰って泳がせよ」
② そのような動作、作用が行なわれることを許可する、またはそのまま放任する意を表わす。…のままにする。…させておく。武士ことばとして、受身の「る」の代わりに用いられることがある。
※土左(935頃)承平五年二月一六日「こよひ、かかることと、声高にものも言はせず」
※平家(13C前)三「僧都〈略〉あやしの臥どへも帰らず、浪に足うちあらはせて、露にしほれて」
③ 許しを依頼する意を表わす。
※都会の憂鬱(1923)〈佐藤春夫〉「あなたの顔を描かせていただきたいものですね」
[二] 敬意を表わす。
① (尊敬を表わす語とともに用いて) 尊敬の意を強める。
※竹取(9C末‐10C初)「仰(おほせ)ごとに〈略〉よく見て参るべき由のたまはせつるになん、参りつる」
※枕(10C終)二四五「なほ高く吹かせおはしませ。え聞きさぶらはじ」
② (謙譲を表わす語とともに用いて) 謙譲の意を強める。
※枕(10C終)一三八「これ奉らせんと言ひければ」
[語誌](1)「せる(す)」は「させる(さす)」と接続の上で補いあう関係にあり、意味は同一である。
(2)中世(室町時代)以後、活用が下一段化し、現代の「せる」となる。
(3)使役の「す」は、平安時代に発達したものであるが、上代にも、(一)①の挙例「万葉集」の「聞かす」のほか、「知らす」「逢はす」など、その萌芽とみられる例がある。他動詞語尾の「…す」と密接な関係を持つものであろう。
(4)敬語としての用法は、使役の表現が動作の間接性を表わすところから転じたものと見られる。単独には用いられず、尊敬語の動詞、「のたまふ」「賜ふ」に下接し、また、連用形「せ」が「給ふ」「おはします」「まします」などに上接する。敬語を重ねることによって高い敬意を表わすもので、特に「せ給ふ」「のたまはす」などは、天皇・皇后やそれに準ずる人にだけ用いられる。
(5)現在では「行幸あらせられた」など、「られる」と重ねて改まった尊敬の気持を表わす場合のほかは、敬意を表わすのには用いられない。
(6)「す」(「さす」も同じ)は漢文訓読語としては用いられず、仮名文学作品にもっぱら用いられた。漢文訓読文での使役の表現には、上代以来の「しむ」が用いられている。
(7)動詞の活用語尾に準ずるものとして、接尾語とする説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

せるの関連情報

他サービスで検索

「せる」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.