Rakuten infoseek

辞書

せめてもの【せめてもの】

大辞林 第三版

せめてもの
( 連語 )
最小限の。 「けが人が出なかったのが-救いだ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せめて もの
不満は残るが、いまのところはこれで精いっぱいの。これ以下には下げたくない、最低限の。不十分ではあるが、これで満足しておくべき。
※愚管抄(1220)六「御約束変改の議にはあらず、せめてものことにて有りけるを」
※金毘羅(1909)〈森鴎外〉「責めてもの心遣であった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せめてもの」の用語解説はコトバンクが提供しています。

せめてものの関連情報

他サービスで検索

「せめてもの」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.