Rakuten infoseek

辞書

せっちょう【セッチョウ】

デジタル大辞泉

せっ‐ちょう〔‐チヤウ〕
《「せっしょう(殺生)」の音変化か。「折檻打擲(せっかんちょうちゃく)」の略とも》責め苛(さいな)むこと。こき使うこと。
「ねぢ上げ、ねぢ上げ―す」〈浄・天神記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せっちょう
( 名 ) スル
〔「せっしょう(殺生)」の転か〕
いじめさいなむこと。また、こき使うこと。 「余の女郎どもを-せい/浄瑠璃・傾城酒吞童子」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっ‐ちょう ‥チャウ
〘名〙 (「せっしょう(殺生)」の変化した語か。また「折檻打擲(せっかんちょうちゃく)」の略とも)
① 責めさいなむこと。いじめること。また、責めて働かせること。こきつかうこと。
※歌舞伎・出世隅田川(1701)二「六郎蛇をかい掴み、色々と折調(せってう)する」
② いじりまわすこと。もてあそぶこと。
※歌舞伎・舛鯉滝白旗(閻魔小兵衛)(1851)大切「これお六、いつまで頭髪(あたま)をせっちょうしてゐるのだ、早くお節でも煮てしまはねえか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せっちょう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

せっちょうの関連情報

他サービスで検索

「せっちょう」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.