Rakuten infoseek

辞書

せっせっせ【セッセッセ】

デジタル大辞泉

せっせっせ
女児の遊戯の一。二人が向かい合い、歌をうたいながら互いに手のひらを打ち合わせることを繰り返すもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せっせっせ
向かい合った2人が,歌をうたいながら互いに相手の手を打ち合う遊び。まず手を軽く握り合って振りながら〈せっせっせのよいよいよい〉とはやし,自分の手を合わせて終わり,ついで歌に入る。はやしことばには意味はない。歌は文部省唱歌《汽車》《茶摘み》や手まり歌などが適宜用いられる。そのリズムに合わせて,互いの両手,右手と相手の左手,右手と相手の右手というように手を打ち合い,あるいは特定の身ぶりや動作をまじえて進行し,区切りには自分の手を合わせる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せっせっせ
児童の遊戯の一。二人で向かい合い、歌を歌いながら、自分の手のひらと、相手の手のひらをリズミカルに打ち合わせるもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっせっせ
〘名〙 女児の遊戯の一つ。二人が向かい合い、歌をうたいながら繰り返し互いに手のひらを打ち合わせる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せっせっせ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

せっせっせの関連情報

他サービスで検索

「せっせっせ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.