Rakuten infoseek

辞書

せちがう【せちがう】

大辞林 第三版

せちがう
( 動四 )
責めたてる。責め問う。 「供にゆきたる丁稚を-・ひ/浮世草子・好色万金丹」
いじめる。 「両手を引張り-・ふをりから/浄瑠璃・廿四孝」
あらそう。 「はなせ、ならぬと両人が-・ふ間に/浄瑠璃・忠臣金短冊」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せち‐が・う〔‐がふ〕
[動ハ四]
責めたてる。
「がきどもには―・はれる」〈滑・膝栗毛・五〉
逆らい争う。
「はなせならぬと両人が―・ふ間に」〈浄・金短冊〉
ひどい目にあわせる。いじめる。
「さあ立て動けと両手を引張り―・ふ折から」〈浄・廿四孝

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せちが・う せちがふ
〘他ハ四〙
① 責めたてる。責め問う。責め求める。
浄瑠璃・念仏往生記(1687頃)道行「まっすぐにあかさずは突殺(つきころ)すぞ斬殺(きりころ)すぞと、さも荒気(あらけ)なくせちがふ所へ」
② ひどい目にあわせる。いじめる。
瑠璃・双生隅田川(1720)二「主人の手向に胸板をつかふか、鯉(こゐ)の恨眼を抉(く)らふか、よい気味とせちがふ所へ」
③ いざこざを起こして争う。抗争する。
※浄瑠璃・忠臣金短冊(1732)序「はなせならぬと両人がせちがふ間に信久は、〈略〉こけつ転(まろ)びつにげ入(いっ)たり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せちがう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

せちがうの関連情報

他サービスで検索

「せちがう」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.