Rakuten infoseek

辞書

せせら笑【せせらわらい】

精選版 日本国語大辞典

せせら‐わらい ‥わらひ【せせら笑】
〘名〙 相手を小ばかにして笑うこと。あざけり笑うこと。あざわらい。せせわらい。
※めぐりあひ(1888‐89)〈二葉亭四迷訳〉一「此奴だよ、この剽軽者(ひゃうきんもの)だよ!━といふ、冷笑(セセラワラ)ひをしながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せせら‐わら・う ‥わらふ【せせら笑】
[1] 〘自ワ五(ハ四)〙 相手を小ばかにして笑う。あざ笑う。
浮世草子・魂胆色遊懐男(1712)一「よいかげんな事いはんせと、せぜら笑ふてゐる」
[2] 〘他ワ五(ハ四)〙 (「笑う」動作が抽象化して) 人や物事を小ばかにする。悪く言う。軽蔑する。
※浮世草子・武道伝来記(1687)四「大きな嘘つきとせせらわらひけるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せせら笑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

せせら笑の関連情報

他サービスで検索

「せせら笑」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.