Rakuten infoseek

辞書

せこ【セコ】

デジタル大辞泉

せこ
酒席で、気ままに酒が飲めるように銚子をいくつも出すこと。また、その杯や銚子。〈日葡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せこ
〔人形浄瑠璃社会の隠語〕
箱。
〔厠かわやに箱を置いて大便を受けたことから〕 大便。 「 -場(=便所)」 「 -がふかしたうなつたゆゑ/滑稽本・浮世床 2

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せこ
各人がたくさん飲めるように、また長く待たないでも飲めるように、大勢の人々のまん中に出した杯や銚子ちようし。 〔日葡〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せこ
( 名 ・形動 )
〔役者・寄席芸人の隠語から〕
へたなこと。だめなこと。くだらないこと。また、そのさま。
少ないこと。けちなこと。また、そのさま。 → せこい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せこ
〘名〙 酒宴の席で、客が気ままに酒を飲めるように、杯や銚子をいくつも出すこと。また、その杯や銚子。
※言国卿記‐文明八年(1476)八月一六日「予もせこの御しやく仕了」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せこ
〘名〙 (形動)
① いやしいもの。下品なこと。悪いこと。くだらないこと。また、そのさま。役者・寄席芸人仲間のことばとしても用いられた。〔名語記(1275)〕
② 少ないこと。無いこと。また、そのさま。役者・寄席芸人仲間でいう語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せこ
〘名〙 人形浄瑠璃社会の隠語
① 箱。
② (上流社会で、古く厠(かわや)に箱を置いて大便を受けたところから) 大便。
※浮世草子・当世芝居気質(1777)一「どうぞせんぼを覚えたいものと心を付けて推量して見るに〈略〉せこかまってゐたといひいひ手をあらふを見ては便事(べんじ)にいたなとおぼえ」
③ 尻。
※洒落本・六丁一里(1782)「男色島 せこがりす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せこ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

せこの関連情報

他サービスで検索

「せこ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.