Rakuten infoseek

辞書

せきのとざし

精選版 日本国語大辞典

せき【関】 の 扃(とざし)
関所の門にかぎをかけること。また、そのかぎ。
※千載(1187)冬・四六七「ふるままに跡たえぬれば鈴鹿山雪こその戸ざしなりけれ〈藤原良通〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せきのとざし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

せきのとざしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.