Rakuten infoseek

辞書

せいらく【セイラク】

デジタル大辞泉

せい‐らく
《「せいりゃく(政略)」の音変化か。近世上方語》
探し求めること。また、吟味すること。詮議。
「いっきに―して参上わいな」〈滑・膝栗毛・八〉
工面(くめん)。調達。
「お金の―した上で」〈伎・倭荘子〉
催促。
「家賃の―するのぢゃぞ」〈伎・倭荘子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せいらく
〔近世上方語。「政略」の転という〕
探し求めること。詮議。 「いんまのさきまで、その-してをつたが/滑稽本・膝栗毛 6
始末をつけること。けりをつけること。 「一寸も待つ事ならぬ、さあ-して貰はう/歌舞伎・三十石」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐らく
〘名〙 (「せいりゃく(政略)」の変化した語という)
① 探し求めること。また、吟味すること。詮議(せんぎ)。詮索。
浄瑠璃・百合稚高麗軍記(1742)二「兄者人の性根をせいらく、返答によって兄貴とはいはさぬ」
滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)六「こっとらがつつみを、船でうしなふたさかい、いんまのさきまで、其せいらくしておったが」
② 工面。調達。
歌舞伎・傾城倭荘子(1784)大序「お金のせいらくした上で、此方へ取り戻しまする」
③ 催促。督促。
※浄瑠璃・潤色江戸紫(1744)三「日の延るのが迷惑、サア急にせいらくするはいの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいらく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

せいらくの関連情報

他サービスで検索

「せいらく」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.