Rakuten infoseek

辞書

ずんと【ズント】

デジタル大辞泉

ずん‐と
[副]
他に比べて、量・質・程度などの違いがはなはだしいさま。ずっと。ぐんと。「去年よりもずんと背が伸びた」
「それよりも―好いは」〈一葉たけくらべ
動作を勢いよくすばやくするさま。
「こう引立って居て―下すから」〈円朝真景累ヶ淵
下にくる語の意味を強調する気持ちを表す。ずんど。
㋐すっかり。まったく。
「後来(のちのち)の迷惑―承知」〈紅葉不言不語
㋑(下に打消しの語を伴って)ちっとも。全然。
「その鉄道なるものが、僕の頭には―はっきりしなかったのである」〈蘆花思出の記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ずんと
( 副 )
〔古くは「づんと」とも書いた〕
程度のはなはだしいさま。大きな開きがあるさま。ずっと。 「 -若く見える」 「このはうが手つとりばやくて、-ましでござりますわい/桐一葉 逍遥
ためらわずに勢いよく事を行うさま。 「逃げんとするをとらへて-削いで/咄本・昨日は今日」
(下に打ち消しの語を伴って)決して。少しも。とんと。 「僕の頭には-瞭然はつきりしなかつた/思出の記 蘆花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ずん‐と
〘副〙 (「づんと」とも表記した)
① 動作が突然に勢いよく行なわれるさま、また、たやすく行なわれるさまなどを表わす語。ずいと。
※太平記(14C後)一七「寄手の兵四五十人、犬居にどうと打居(す)ゑられ、中天にづんと打挙げられ、沙(すな)の上に倒れ伏す」
※幸若・いるか(室町末‐近世初)「くびもなきむくろが、ゐたる所をつむとたって」
② 程度の隔たってはなはだしいさまを表わす語。ずっと。はるかに。ぬきんでて。
※浄瑠璃・出世景清(1685)二「子供もいとふ成人し、御身もずんと女房を仕上たり」
※たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉一一「夫れよりも、夫れよりもずんと好いは、お前の隣に据ってお出なさるのなれど」
③ 全く。まるで。また、下に打消の語を伴って、「全然、とんと」の意にも用いる。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一四「根が負おしみの気象なるにや、ズント平気なる顔色にて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずんと」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずんとの関連情報

他サービスで検索

「ずんと」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.