Rakuten infoseek

辞書

ずや【ズヤ】

デジタル大辞泉

ず‐や
[連語]《打消しの助動詞「ず」+係助詞「や」》
(推量の語を伴って)打消しの疑問の意を表す。…ないで…だろうか。
「飽か―ありけむ、はつかの夜の月出づるまでぞありける」〈土佐
(文末に用いて)打消しの疑問、または反語の意を表す。…ないだろうか。
「己が好む方にほめなすこそ、その人の日来の本意にもあら―と覚ゆれ」〈徒然・一四三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ずや
( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」に係助詞「や」の付いたもの〕
(文中にあって)
疑問を表す。…ないで…だろうか。 「白たへの手本ゆたけく人の寝る甘睡うまいは寝-恋ひ渡りなむ/万葉集 2963
反語を表す。(…だろうか、いや)…する。 「心ありて風の匂はす園の梅にまづうぐひすの問は-あるべき/源氏 紅梅
(文末にあって)
疑問を表す。…ないであろうか。 「飽か-妹と問ひし君はも/万葉集 2706
反語を表す。(…ないであろうか、いや)…する。 「余りにて我は死ぬべくなりにたら-/万葉集 4080

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ず‐や
(打消の助動詞「ず」に疑問の係助詞「や」の付いたもの)
① (推量の表現と呼応して) 打消の疑問の意を表わす。…ないで…だろうか。
※万葉(8C後)一二・二九六三「白栲の手本(たもと)ゆたけく人の寝る味寝(うまい)は不寝哉(ねずや)恋ひわたりなむ」
② (文の終止に用いて) 打消の疑問、または反語の意を表わす。…ないだろうか。
※万葉(8C後)五・八二九「梅の花咲きて散りなば桜花つぎて咲くべくなりにてあら受也(ズヤ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずや」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずやの関連情報

他サービスで検索

「ずや」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.