Rakuten infoseek

辞書

ずぶり【ズブリ】

デジタル大辞泉

ずぶり
[副]《古くは「づぶり」とも表記》
水や泥などに沈み込むさま。「ぬかるみにずぶりとはまり込む」
柔らかなものに突き入るさま。「短刀でずぶりと刺す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ずぶり
( 副 )
〔古くは「づぶり」とも表記〕
(多く「と」を伴って)
水や泥の中に沈み込むさま。 「ぬかるみに足が-とめりこむ」
とがったものをやわらかいものに突き刺すさま。ずぶ。 「槍で-と刺す」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ずぶり
〘副〙 (「ずぷり」とも。多く「と」を伴って用いる。「づぶり」とも表記した)
① 水中などに沈みこむさまを表わす語。ずぶら。
※大和(947‐957頃)一四七「づぶりとおちいりぬ」
② 刀、針、(やり)などを柔らかいものに突き刺すさまを表わす語。ずぶら。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉六三「途端に貴方が出てずぷりと遣り」
※一兵卒の銃殺(1917)〈田山花袋〉二一「ずぶりと足の裏を刺しさうな大きな釘がそこに並んでゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずぶり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずぶりの関連情報

他サービスで検索

「ずぶり」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.