Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ずいと

デジタル大辞泉

ずい‐と
[副]一気に、勢いよく動作を起こすさま。また、遠慮なく振る舞うさま。「ずいと腕を伸ばす」「ずいと見回す」「声もかけずにずいと入って来る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ずい‐と
〘副〙
① 力を入れて勢いよく一気に行なうさま、滞りなくまっすぐ動くさまを表わす語。
※六物図抄(1508)「うらをきりさかいてずいと全衣合縫ほどに」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「道倚(みちより)なしに、ずいとお宿へお帰り遊して」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「ズイと一通り四辺(あたり)を見亘し」
② 一つも残さないで全部にわたるさまを表わす語。
※古活字本毛詩抄(17C前)二「あまりにいたいたしい事なれどもすいとしるすぞ」
※続歌舞妓年代記(1907)三〇「角から隅迄ずいと左様思召被下升う」
③ とりすまして愛想のないさまを表わす語。つんと。
※当世文学通(1889)〈内田魯庵〉「ずいと済(すま)し込んで高慢の鼻うごかし」
[補注]「滑・浮世床‐二」の「両手で羽織の折返しをズウイとしごいて」などのように、強調して「ずういと」の形でも用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずいと」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずいとの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.