Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

【ス】

デジタル大辞泉

す[五十音]
五十音図サ行の第3音。歯茎の無声摩擦子音[s]と母音[u]とから成る音節。[su]
平仮名「す」は「寸」の草体から。片仮名「ス」は「須」の末3画の行書体から。
[補説]「す」はく[tsu](あるいは[ʃu][tʃu])であったかともいわれる。室町時代末にはすでに[su]であった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す[助動]
[助動][せ|せ|す|する|すれ|せよ]四段・ナ変・ラ変動詞の未然形に付く。
相手が自分の思うようにするように、また、ある事態が起こるようにしむける意を表す。
「例の声出(い)ださて、随身に歌は給ふ」〈堤・貝合
動作を他に任せておいて結果的にそうなることを表す。…のままにする。…させておく。
「ただ兄弟二人あるものが、兄を討たて、弟(おとと)が一人残り留まったらば」〈平家・九〉
(多く「たまふ」など尊敬の意を表す語とともに用いられて)尊敬の意を強める。なさる。
「また入ら給ひて、さらにえ許さ給はず」〈桐壺
「うれしやと思ふと告げ聞かするならむとのたまはする御けしきもいとめでたし」〈・八〉
(謙譲の意を表す語とともに用いられて)謙譲の意を強める。…申し上げる。→さすしむ
「壺の薬そへて、頭中将呼びよせてたてまつら」〈竹取
[補説]平安時代以降、漢文訓読文の「しむ」に対し、主に和文系統の文章に用いられた。中世以降、下一段化して、現代語の「せる」となる。2は、多く、中世軍記物語にみられる用法で、受け身のにとれるものもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す[助動]
[助動][さ|し|す|す|せ|せ]《上代語》四段・サ変動詞の未然形に付く。軽い尊敬、または親愛の意を表す。…なさる。
「我が形見見つつ偲(しの)はあらたまの年の緒長く我も思はむ」〈・五八七〉
[補説]「思ふ」「聞く」などに付くときは、「思ほす」「聞こす」となる。また、「着る」「寝(ぬ)」「見る」などの上一段動詞にも付くが、そのときは「けす」「なす」「めす」の形をとる。「古(いにしへ)を思ほすらしもわご大君吉野の宮をあり通ひ見(め)す」〈・四〇九九〉など。平安時代以降は敬語動詞「おぼす」「めす」「聞こめす」「つかはす」などの中の構成要素となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す[助動]
[助動][〇|〇|す|〇|〇|〇]動詞・形容動詞の連用形、接続助詞「て」などに付く。親しみや軽い敬意を表す。ます。
「はりだこ買はう、はりだこ買ひ」〈虎明狂・張蛸〉
[補説]「さうら()ふ」の音変化した「さう」がさらに音変化したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五十音図第3行第3段の仮名。平仮名の「す」は「寸」の草体から、片仮名の「ス」は「須」の行書体の旁(つくり)の末3画からできたものである。万葉仮名では「須、周、州、洲、酒、珠(以上音仮名)、栖、渚、酢(以上訓仮名)」などが清音に使われ、「受、授、殊、聚、儒、孺(以上音仮名)、簀(訓仮名)」などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(須)」「(春)」「(寿)」「(数)」などがある。

 音韻的には/su/(濁音/zu/)で、上歯茎と舌との間で調音する無声摩擦音[s](有声破擦音[dz])を子音にもつ。ズとヅとは、室町時代ころから混同され始め、今日では、東北や出雲(いずも)地方、四国、九州の一部などを除いて、合一してしまっている。

[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘間投助〙 主として文末、まれに文中の文節末にあって軽い確認の気持を表わす、江戸語特有の助詞。間投助詞「さ」の用法にきわめて近い。元来は助動詞「す(候)」が種々の文末に付いて助詞のように使われたものか。
※洒落本・多佳余宇辞(1780)「どうもわが所の酒も此所(このごろ)は呑めないス」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘助動〙 (活用は「さ・し・す・す・せ・せ」。四段・サ変動詞の未然形に付く。→語誌) 軽い尊敬の意、または親愛の気持を表わす。…なさる。お…になる。
※古事記(712)上・歌謡「八千矛(やちほこ)の 神の命は〈略〉賢(さか)し女を 有りと聞か志(シ)て 麗(くは)し女を 有りと聞こして さ婚(よば)ひに 在り立た斯(シ) 婚ひに 在り通は勢(セ)
※万葉(8C後)一・一「この岳(をか)に 菜摘ま須(ス)児 家告閑(のら) 名告(の)ら紗(サ)ね」
[語誌](1)「思ふ」「織る」「聞く」「知る」に付く場合、その未然形が「思ほす」「織ろす」「聞こす」「知ろす」のように音変化を生じた。また、四段活用以外の、「着る」(上一)「見る」(上一)「寝(ぬ)」(下二)などに付く場合、「けす」「めす」「なす」の形が用いられる。「古事記‐上・歌謡」の「股長に 寝(い)をし寝(な)(セ)」、「万葉‐五一四」の「わが背子が著(け)(セ)る衣の針目落ちず入(こも)りにけらしあが情(こころ)さへ」など。
(2)上代には盛んに用いられたが、平安時代以後は、わずかに「めす」「きこしめす」「あそばす」などの構成要素として跡をとどめるだけとなった。「みはかし(御佩刀)」「みけし(御着衣)」などもこの類である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘助動〙 ⇒助動詞「せる

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

すの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.