Rakuten infoseek

辞書

【ス】

デジタル大辞泉

す[五十音]
五十音図サ行の第3音。歯茎の無声摩擦子音[s]と母音[u]とから成る音節。[su]
平仮名「す」は「寸」の草体から。片仮名「ス」は「須」の末3画の行書体から。
[補説]「す」は古く[tsu](あるいは[ʃu][tʃu])であったかともいわれる。室町時代末にはすでに[su]であった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す[助動]
[助動][せ|せ|す|する|すれ|せよ]四段・ナ変・ラ変動詞の未然形に付く。
相手が自分の思うようにするように、また、ある事態が起こるようにしむける意を表す。
「例の声出(い)ださて、随身に歌は給ふ」〈堤・貝合
動作を他に任せておいて結果的にそうなることを表す。…のままにする。…させておく。
「ただ兄弟二人あるものが、兄を討たて、弟(おとと)が一人残り留まったらば」〈平家・九〉
(多く「たまふ」など尊敬の意を表す語とともに用いられて)尊敬の意を強める。なさる。
「また入ら給ひて、さらにえ許さ給はず」〈桐壺
「うれしやと思ふと告げ聞かするならむとのたまはする御けしきもいとめでたし」〈・八〉
(謙譲の意を表す語とともに用いられて)謙譲の意を強める。…申し上げる。→さすしむ
「壺の薬そへて、頭中将呼びよせてたてまつら」〈竹取
[補説]平安時代以降、漢文訓読文の「しむ」に対し、主に和文系統の文章に用いられた。中世以降、下一段化して、現代語の「せる」となる。2は、多く、中世軍記物語にみられる用法で、受け身のにとれるものもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す[助動]
[助動][さ|し|す|す|せ|せ]《上代語》四段・サ変動詞の未然形に付く。軽い尊敬、または親愛の意を表す。…なさる。
「我が形見見つつ偲(しの)はあらたまの年の緒長く我も思はむ」〈・五八七〉
[補説]「思ふ」「聞く」などに付くときは、「思ほす」「聞こす」となる。また、「着る」「寝(ぬ)」「見る」などの上一段動詞にも付くが、そのときは「けす」「なす」「めす」の形をとる。「古(いにしへ)を思ほすらしもわご大君吉野の宮をあり通ひ見(め)す」〈・四〇九九〉など。平安時代以降は敬語動詞「おぼす」「めす」「聞こしめす」「つかはす」などの中の構成要素となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す[助動]
[助動][〇|〇|す|〇|〇|〇]動詞・形容動詞の連用形、接続助詞「て」などに付く。親しみや軽い敬意を表す。ます。
「はりだこ買はう、はりだこ買ひ」〈虎明狂・張蛸〉
[補説]「さうら(候)ふ」の音変化した「さう」がさらに音変化したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図サ行第三段の仮名。歯茎摩擦音の無声子音と後舌の狭母音から成る音節。
平仮名「す」は「寸」の草体。片仮名「ス」は「須」の末三画の行書体。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 助動 ) ( さ ・し ・す ・す ・せ ・せ )
〔上代語。四段・サ行変格活用の動詞の未然形に付く〕
軽い尊敬の意を表す。また、親愛の情をこめて言い表す場合にも用いられる。 「この岡に菜摘ま児家告らせ名告らね/万葉集 1」 「草枕旅宿りせ古思ひて/万葉集 45」 〔 (1) 「思ふ」 「聞く」 「知る」などの語に付く場合には「思ほす」「聞こす」「知ろす」などとなる。 (2) 四段・サ変以外の動詞にも付くが、その場合、「着る(上一)→けす」「見る(上一)→めす」「寝(下二)→なす」などの形となる。 (3) 中古以降は、「あそばす」「おぼす」「きこしめす」など、一語の動詞の中にその跡をとどめている〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 助動 ) ( せ ・せ ・す ・する ・すれ ・せよ ) 〔現代語の助動詞「せる」の古語形。四段・ラ行変格活用・ナ行変格活用の動詞の未然形に付く〕
使役の意を表す。
動作を他にさせる意味を表す。…せる。 「今宵かかることと、声高こわだかにものも言はず/土左」 「そこなる人にみな滝の歌よま/伊勢 87
動作・作用が行われることを許可する、あるいはそのまま放任する意を表す。そのままにする。…せておく。 「かの花は失せにけるは。いかで、かうは盗ましぞ/枕草子 278」 「あわてて船に乗て内裏を焼かつる事こそ安からね/平家 11
鎌倉時代の武士言葉で、受け身の意であるところを自身の意志による行為であるかのごとくいう。…させておく。 「兄弟二人あるものが、兄を討たておととが一人残りとどまたらば、幾程の栄華をか保つべき/平家 9
敬意を表す。
(尊敬の意を表す語を下に伴って)尊敬の意を表す。 「うへおはしますに、御覧じていみじう驚か給ふ/枕草子 9」 「夜ふけぬさきに帰らおはしませと申せば/源氏 夕顔
(謙譲の意を表す語に付いて)謙譲の意をさらに強める。 「みにくき顔うち笑みて、申さ侍らむとて立つを/源氏 橋姫」 「藤三位の局に、蓑虫のやうなる童の大きなる、白き木に立文をつけて、これ奉らむと言ひければ/枕草子 138」 〔 (1) 「す」は「さす」と接続の上で相補う関係にあり、上下二段・上下一段・カ行変格・サ行変格の動詞には「さす」が接続する。 (2) 「す・さす」は、上代に多く用いられた「しむ」に代わって、中古以降に広く用いられた。ただし、漢文訓読系の文章には用いられず、もっぱら和文に用いられた。 (3) 使役の意の場合、中世末から近世にかけて、四段化した例も用いられた。「いや〱お前は打たれぬ/浄瑠璃・菅原」「出すものだかひつこま物だか、おいらにもわからねえのだ/滑稽本・七偏人」〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 助動 )
〔「候そうろう」の下略「そう」の転〕
動詞や形容動詞の連用形、助詞「て」などに付いて、軽い丁寧の意を表す。ます。あります。 「末広がり買ひ、末広がり買ひたい/狂言・末広がり」 「今朝の嵐は、嵐ではなげによの/閑吟集」 「鞍馬辺よりも聟ののぞみで参つて/狂言・夷毘沙門」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 間投助 )
〔近世江戸語〕
文末(まれに文中)にあって、軽い確認の気持ちを表す。 「かういい心持ちに酔つたところを湯へ入つて醒すは惜しいもんだ-/滑稽本・浮世風呂 4」 「はて湯のふりで稽古に行つて-、銅壺の湯で手拭をしめして帰けえる人のやうにやあいくめえ-/滑稽本・素人狂言紋切形」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第3行第3段の仮名。平仮名の「す」は「寸」の草体から、片仮名の「ス」は「」の行書体の旁(つくり)の末3画からできたものである。万葉仮名では「須、周、州、洲、酒、珠(以上音仮名)、栖、渚、酢(以上訓仮名)」などが清音に使われ、「受、授、殊、聚、儒、孺(以上音仮名)、簀(訓仮名)」などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(須)」「(春)」「(寿)」「(数)」などがある。
 音韻的には/su/(濁音/zu/)で、上歯茎と舌との間で調音する無声摩擦音[s](有声破擦音[dz])を子音にもつ。ズとヅとは、室町時代ころから混同され始め、今日では、東北や出雲(いずも)地方、四国、九州の一部などを除いて、合一してしまっている。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

すの関連情報

他サービスで検索

「す」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.