Rakuten infoseek

辞書

じんた【ジンタ】

デジタル大辞泉

じんた
《その演奏が「ジンタッタ、ジンタッタ」と聞こえるところから。多く「ジンタ」と書く》サーカス・映画館の客寄せや宣伝などのために通俗的な楽曲を演奏する小人数楽隊、またその音楽の俗称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じんた
〔「ジンタッタ、ジンタッタ」と聞こえるためという〕
街頭宣伝やサーカスの人寄せなどをする吹奏楽隊、またその吹奏楽をさす大正期以後の俗称。太鼓・クラリネット・らっぱなどを用い、小人数で通俗曲を奏する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じんた
〘名〙 =やわら(柔━)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じんた
〘名〙 (ジンタッタ、ジンタッタと聞こえるその演奏の擬声音から。多く「ジンタ」と書く) 明治末期から大正時代にかけて、サーカス、映画館の客寄せや広告宣伝などをした少人数の通俗的な吹奏楽、また、その楽団。おもに流行歌などを演奏した。
※放浪記(1928‐29)〈林芙美子〉「食ふ事にも困らないものだから、あの人達は街にジンタまで流してゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じんた」の用語解説はコトバンクが提供しています。

じんたの関連情報

他サービスで検索

「じんた」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.