Rakuten infoseek

辞書

しんがい

日本大百科全書(ニッポニカ)

しんがい
しんがい
一般的には中・近世において原野や山林を開いて新しく田、畑、屋敷を造成すること。またその土地。漢字をあてれば「新開」であろう。しかし、家族員の私有の財産をさす「ほまち」と同様の意味に使われた場合も多い。田畑の収穫はそれぞれの家(家長)に帰するわけだが、家族員や下人(げにん)などに若干の土地を私的に分与してそれを耕地化させ、その収穫はそれぞれの家族員や下人などがとる場合、このような個人的な収入を「しんがい」とか「ほまち」とかいった。[木村 礎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しんがい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

しんがいの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.