Rakuten infoseek

辞書

しるし【シルシ】

デジタル大辞泉

しる・し
[形ク]《「しる(汁)」の形容詞化か。「じるし」とも》
水っぽい。
「―・き物釜底の食(めし)」〈浮・好色盛衰記・三〉
道がぬかっている。
「道の―・き時は、返しももだちを取るべし」〈宗五大草紙〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

しるし
日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンド、Mr.Children。2006年発売。作詞・作曲:桜井和寿。日本テレビ系で放送のドラマ「14才の母」の主題歌。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しる・し
〘形ク〙 ⇒しるい

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しるし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

しるしの関連情報

他サービスで検索

「しるし」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.