Rakuten infoseek

辞書

しらさぎ染【しらさぎぞめ】

事典 日本の地域ブランド・名産品

しらさぎ染[染織]
しらさぎぞめ
近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
姫路市で製作されている。播州地方の藍染の歴史は古く、奈良時代から飾磨褐染として有名だったという。羽柴秀吉が1577(天正5)年に播磨を平定した際、織田信長に献上したとも伝えられる。江戸時代には、姫路藩の製造を奨励し、藍染物の生産が最盛期を迎えた。その後、明治時代に途絶えた。1969(昭和44)年、伝統の藍染め基調に播磨のシンボル姫路城(白鷺城)を図柄に取り入れ、しらさぎ染として復活。兵庫県伝統的工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しらさぎ染」の用語解説はコトバンクが提供しています。

しらさぎ染の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.