Rakuten infoseek

辞書

しそう三尺【しそうさんじゃく】

事典 日本の地域ブランド・名産品

しそう三尺[果菜類]
しそうさんじゃく
近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に宍粟市で生産されている。1935(昭和10)年頃、宍粟市山崎町に台湾毛馬の品種が初めて導入された。1950(昭和25)年頃から姫路市に大和三尺が導入され、三尺きゅうりの栽培が始まった。長型で曲がりやすく、は固いが歯切れが良い。年々栽培面積が減少して1972(昭和47)年には姿を消したが、現在では一部栽培が復活粕漬けなどに加工されている。ひょうごの伝統野菜。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しそう三尺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

しそう三尺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.