Rakuten infoseek

辞書

しき【シキ】

デジタル大辞泉

しき[副助]
[副助](指示代名詞「これ」「それ」「あれ」に付いて)程度を表すが、軽視する気持ちが加わる。たかが…くらい。「これしきの寒さで弱音を吐くな」「あれしきの力では何もできない」
[補説]名詞「しき(式)」が助詞化したといわれ、「式」と表記されることもある。古語では、人称代名詞にも付いて卑下の気持ちを表し、「我等(われら)しき」などともいった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しき

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しき
( 副助 )
〔名詞「しき(式)」から〕
指示代名詞「これ」「それ」「あれ」などに付いて、物事の動作・状態などを取るに足らない程度とみなして軽視する気持ちを表す。くらい。ほど。 「これ-のことには驚かない」 「それ-の傷で泣くな」
人代名詞に付いて、…みたいなもの、…のようなものなどの意を表す。 「我等-にはもつたいないと/洒落本・無頼通説法」 「おのれ-ぶち放すも刀の穢れ/浄瑠璃・新版歌祭文」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しき」の用語解説はコトバンクが提供しています。

しきの関連情報

他サービスで検索

「しき」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.