Rakuten infoseek

辞書

ざんす【ザンス】

デジタル大辞泉

ざん・す[動]
[動サ特活]《近世後期、江戸の遊里語》
ある」の意の丁寧語。ございます。あります。
「ちょっと話が―・すから、どうぞ来ておくんなんし」〈洒・契情買言告鳥〉
(補助動詞)補助動詞「ある」の意の丁寧語。…でございます。
「わけのある客人で―・すから」〈洒・曽我糠袋〉
[補説]活用は助動詞「ざんす」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざんす[助動]
[助動][ざんせ|ざんし|ざんす|ざんす|ざんすれ|○]体言および体言に準ずる語に付く。「だ」「である」の意の丁寧語。…でございます。…です。
「(牛肉ヲ)生(なま)でたべるのざんすから」〈魯文安愚楽鍋
[補説]洒落本「傾城觽(けいせいけい)」松丁玉扇四家言語解・丁子屋言に「何ざんすか。なんでござんすかといふ事也。での字とごの字を略していふ」とあるように、江戸吉原の丁子屋から広まったという。現代でも、上品ぶった女性の表現に用いられることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ざんす
( 動サ特活 )
〔江戸の遊里語〕
「ある」の意の丁寧語。あります。ございます。 「おめへさんにつかはれるものはだれも-・せん/洒落本・契情買言告鳥」
(補助動詞) 形容詞の連用形(音便の形)、断定の助動詞「だ」の連用形「で」に付く。補助動詞「ある」の丁寧語。であります。でございます。 「まあうそにもうれしう-・す/洒落本・傾城買四十八手」 「あばただらけのぢぢいづらで-・す/洒落本・滑稽吉原談語」 〔活用は助動詞「ざんす」に同じ〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざんす
( 助動 ) ( ざんせ ・ざんし ・ざんす ・ざんす ・ざんすれ ・ ○ )
〔江戸の遊里語〕
体言およびそれに準ずる語に付く。「だ」の意の丁寧語。です。でございます。 「ごしやうざんす、よしてもおくんなんしえ/洒落本・遊僊窟烟之花」 「うそはきついきらいざんす/洒落本・契情買言告鳥」 「なんざんすとえ。ちつともきこえんせん/洒落本・傾城買四十八手」 〔はじめ吉原の妓楼丁字屋の使用語であったが、のち広く遊里語として用いられるようになったという〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざん・す
〘自サ特活〙 (活用は助動詞「ざんす」に同じ) 近世後期江戸の遊里語。現代でも女性語として一部で使用。
[一] 「ある」の意の丁寧語。ございます。あります。人の存在にも使用。
※洒落本・契情買言告鳥(1800)上「ちょっとはなしがざんすから、どふぞきておくんなんし。〈略〉おめへさんにほれきってるものがざんす」
[二] 補助動詞として用いられる。断定の助動詞「だ」の連用形「で」、形容詞の連用形(音便形)に付く。補助動詞「ある」の丁寧語。…でございます。…であります。
※洒落本・曾我糠袋(1788)「その病気あやしふざんす。〈略〉ぜんてへ時さんはぬしもしってのとをり、訳けのあるきゃく人でざんすから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざんす
〘助動〙 (活用は「ざんせ・ざんし・ざんす・ざんす・ざんすれ・◯」。体言やそれに準ずる語などに付く) 「である」の意の丁寧語。でございます。です。
※洒落本・通言総籬(1787)一「此ごろのはやりは扇屋のきかふさん。丁字やがはてな。ぶしやれまいそ。おたのしみざんす」
[語誌]「ござんす」の転「おざんす」の変化した語か。はじめ吉原丁子屋の使用語であったものが、遊里語へと拡大したという。「洒・傾城觿‐付録」に「丁字屋言〔ざんす〕よふざんすわるふざんすなぞいふ所に用〈略〉〔何ざんすか〕なんでごさんすかといふ事也てのじとごのじをりゃくしていふ」とある。現代では、上流・有閑女性などの上品ぶった表現として用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざんす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ざんすの関連情報

他サービスで検索

「ざんす」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.