Rakuten infoseek

辞書

ざり【ザリ】

デジタル大辞泉

ざり[助動]
[助動][ざら|ざり|ざり|ざる|ざれ|ざれ]《助動詞「ず」に動詞「あり」の付いた「ずあり」の音変化》活用語の未然形に付く。…ない。…ないでいる。
「思ひつつぬればや人の見えつらむ夢と知りせばさめざらましを」〈古今・恋二〉
[補説]ふつう、「ず」の補助活用として扱う。終止形はきわめて少なく、已然形命令形は漢文訓読文体に多く用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざ◦り[連語]
[連語]《係助詞「ぞ」に動詞「あり」が付いた「ぞあり」の音変化》(多くは「にざりける」の形で)指定・存在の意を強める意を表す。中古、和歌などに用いられた。
「照る月の流るる見れば天の川出づるみなとは海に―◦りける」〈土佐

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ざり
( 助動 ) ( ざら ・ざり ・ (ざり) ・ざる ・ざれ ・ざれ )
〔打ち消しの助動詞「ず」の連用形に動詞「あり」が付いた「ずあり」の転〕
用言および助動詞の未然形に付く。打ち消しの助動詞「ず」の補助活用とされる。 「荒津の海潮干潮満ち時はあれどいづれの時か我が恋ひざらむ/万葉集 3891」 「むば玉の闇の現は定かなる夢にいくらもまさらざりけり/古今 恋三」 「人皆生を楽しまざるは、死を恐れざる故なり/徒然 93」 「貧しくして分を知らざれば盗み、力衰へて分を知らざれば病を受く/徒然 131」 「心の師とは成るとも心を師とせざれ/十訓 2」 〔未然・連用の両形は他の助動詞へ連接する場合に用いられ、命令形「ざれ」とともに、「ず」の用法の補いとなる。連体形「ざる」と已然形「ざれ」は漢文訓読文に多く用いられ、和文系統に用いられる「ず」の連体形「ぬ」、已然形「ね」と対応する。終止形「ざり」はまれにしか用いられない〕 → ず(助動)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざり
( 連語 )
〔係助詞「ぞ」に動詞「あり」の付いた「ぞあり」の転〕
…がある。…である。 「てる月の流るる見れば天の川いづるみなとは海に-ける/土左」 〔中古の和歌などで多く「にざりける」の形で用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ざりの関連情報

他サービスで検索

「ざり」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.