Rakuten infoseek

辞書

ざらり【ザラリ】

デジタル大辞泉

ざらり
[副]
粒状などの固く小さいものが一度に落ちたり触れ合ったりして発する音を表す語。ざらざら。「硬貨をざらりと袋に入れる」
物の表面がなめらかでなく、手触りが粗く感じられるさま。ざらっ。「ざらりとした感じの紙」
束ねたものが勢いよく一遍に解けて乱れるさま。
「元結(もとゆい)はじけて髪―と解け」〈木下尚江良人の自白
いろいろのものが並んでいるさま。ずらり。
「ちゃぶ台には煮豆、数の子、蜜柑、酢章魚(すだこ)という風なものが―と並べてある」〈独歩・巡査〉
ひととおり。ひとわたり。ざっと。
「―と聞いて合点して」〈浮・一代女・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ざらり
( 副 )
(多く「と」を伴って)
表面がざらざらしたさま。 「 -とした手触り」
なめらかでないものが触れ合って発する音を表す語。ざらざら。 「雨の蘆辺も乱るる片男波、あなたへ-、こなたへ-/謡曲・蘆刈」
残るところのないさま。残らず。 「万事を底たたいて語りける。-と聞いて合点して/浮世草子・一代女 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざらり
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 小銭とか、じゃりなどのようなものが一度に落ちたり、互いに擦れあったりしてたてる音を表わす語。
謡曲・蘆刈(1430頃)「あなたへざらり、こなたへざらり〈略〉風の上げたる、古簾」
② 物事を一気にするさまを表わす語。すらり。
※玉塵抄(1563)一二「李義山が詩しぶってざらりとないぞ。渋(じう)体と玉屑に評したぞ」
③ 残るところのないさまを表わす語。すっかり。ことごとく。残らず。
浮世草子・好色一代女(1686)四「万事を底たたいて語ける。ざらりと聞て合点して」
④ まとまりなくあたりいっぱいにあるさまを表わす語。また、たくさん並び連なるさまを表わす語。
※謡曲・安宅(1516頃)「この山陰のひと宿りに、さらりと円居して」
⑤ なめらかでないさま、ざらついているさまを表わす語。
滑稽本・七偏人(1857‐63)五「指先へ、ざらりと障るはから紙の引手の穴ゆゑ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざらり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ざらりの関連情報

他サービスで検索

「ざらり」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.