Rakuten infoseek

辞書

ざざんざ【ザザンザ】

デジタル大辞泉

ざざんざ
[副]松の梢(こずえ)に吹く風の音を表す語。江戸初期の歌謡で囃子詞(はやしことば)のように用いられた。ざんざ。さんざ。さんさ。さざんざ。
「―、浜松の音は―」〈虎明狂・抜殻
[名]ざざんざ節」の略。
「上方より―と申す小歌がはやりきたり」〈浮・一代男・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ざざんざ
松に吹く風の音の形容。 「 -、浜松の音は-/狂言・抜殻」
「ざざんざ節」の略。
の歌が酒宴の席でよく歌われたことから〕 酒宴。酒盛り。 「 -所ぢやござんすまい/浄瑠璃・薩摩歌」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざざんざ
〘名〙 (「さざんざ」ともいう)
① 松風の音を表わす語。はやしことばのように用いる。
※虎明本狂言・抜殻(室町末‐近世初)「ざざんざはま松のをとはざざんざかぜでこのはのちるもおもしろい」
※虎寛本狂言・茶壺(室町末‐近世初)「茶つぼをせおい、ざざんざをうたふて出」
③ (酒宴の席で「ざざんざ節」を歌ったところから) 酒を飲み騒ぐさまをいう語。
浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)中「臣樽の酒ざざんざやはま松のはのちりうせず」
[語誌](1)風や雨の音を表わす漢語「颯々(サツサツ)」(「楚辞」など)の転とする説があるが、にわかには従いがたい。「書言字考節用集」には、「颯々々」に「サツサツサ」のほか「ザザンザ」という読みを付しているが、字義の類推に起因するものであろう。
(2)「大言海」は、語源について神楽歌の囃子声の「ささ」、小歌の囃子声との関連を示唆する。狂言では、酔ったときの口ずさみとして歌われ、近世には祝儀の酒席でよく歌われたところから、酒を飲み、騒ぐ様子をも指すようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざざんざ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ざざんざの関連情報

他サービスで検索

「ざざんざ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.