Rakuten infoseek

辞書

【サ】

デジタル大辞泉

さ[五十音]
五十音図サ行の第1音。歯茎の無声摩擦子音[s]と母音[a]とからなる音節。[sa]
平仮名「さ」は「左」の草体から。片仮名「サ」は「散」の初3画。
[補説]「さ」は古く[tsa](あるいは[ʃa][tʃa])であったかともいわれる。室町時代末にはすでに[sa]であった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ[代]
[代]三人称の人代名詞。それ。そいつ。
「―が髪を取りてかなぐり落さむ」〈竹取
[補説]副詞「」、代名詞」と同語源といわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ[感]
[感]
人を誘ったり、行動を促したりするときに発する語。さあ。「、やろう」「、どうしてくれる」
判断や決断に迷ったり、せっぱつまったりしたときに発する語。さて。「、どうしようか」「、これは困った」
相手の言葉をおさえて、こちらが話そうとするときの語。「『この間お願いした件ですが』『、そのことだが…』」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ[終助・間助・格助]
[終助]種々の語に付く。
自分の判断や主張を確認しながら念を押す意を表す。「ぼくにだってできる
「お歴々にも負けることはおりない―」〈浄・鑓の権三
傍観的な、多少投げやりな調子で、あっさりと言い放す気持ちを表す。「好きなようにやればいいの」「そう心配することはない
疑問語とともに用いて、質問・反駁(はんばく)・難詰の意を表す。「行くって、どこへ行くの」「男のくせに何」「どうして黙っているの
(多く「とさ」「ってさ」の形で)他人の話を説明したり、紹介したりする気持ちを表す。「昔々、竹取の翁(おきな)という老人がいたと」「彼も行くんですって
[間助]文中の種々の語に付いて、口調を整えながら、相手の注意を引き留めようとする気持ちを表す。「でも、ぼくは、わかってるんだ」「それが、どうもおかしいんだ」
「何がなくとも―、お久しぶりといふ句が有がたうごぜえます」〈滑・浮世風呂・四〉
[格助]《方向の意を表す接尾語「さま」の音変化》名詞に付く。方向を表す。格助詞「へ」、または「に」に同じ。
「追分(おひわけ)の松屋―いかっしゃりました」〈洒・軽井茶話〉
[補説]は、近世初期、男性、ことに武士に多く用いられたが、後期には広く用いられるようになった。現在では男女ともに打ち解けた会話で多用する。なお、昭和30年代に鎌倉の腰越小学校で語尾の「ネ・サ・ヨ」を使わない運動が始まり、一時全国に広がった。は中世ごろから東国方言として知られていたが、現在でも東北地方などで用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ[接頭]
[接頭]
名詞・動詞・形容詞に付いて、語調を整える。「霧」「迷う」「まねし」
名詞に付いて、時期的に早く若々しい、また、5月の、という意を表す。「早」などの漢字が当てられることがある。「乙女」「苗」「みだれ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ[接尾]
[接尾]
形容詞・形容動詞の語幹、一部の助動詞の語幹に準じるものに付いて名詞をつくり、…の状態であること、…の程度であること、…の性質であることの意を表す。「つら」「美し」「静か」「会いた

㋐移動に関する動詞の終止形に付いて、…する時、…する折、…する場合などの意を表す。「帰る
「白菅の真野の榛原行く―来―君こそ見らめ真野の榛原」〈・二八一〉
㋑方向を表す名詞に付いて、…の方という意を表す。
「縦(たた)―にもかにも横―も奴とそ我はありける主の殿戸に」〈・四一三二〉
㋒形容詞・形容動詞の語幹などに付いて、…なこと、…なことよという意を表す。
「ももしきの大宮人の罷(まか)り出て遊ぶ今夜(こよひ)の月のさやけ―」〈・一〇七六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図サ行第一段の仮名。歯茎摩擦音の無声子音と後舌の広母音とから成る音節。
平仮名「さ」は「左」の草体。片仮名「サ」は「散」の初三画。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 代 )
三人称。その人。そいつ。もっぱら格助詞「が」を伴い、「さが」の形で用いられる。 「 -が髪をとりて、かなぐり落とさむ。-が尻をかき出でて、ここらの公人に見せて、恥を見せむ/竹取」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 感 )
人を誘ったり、促したりするときに発する語。さあ。 「 -、行こう」
驚いたり、気付いたりしたときに発する語。さあ。 「 -かかつたは/狂言記・こんくゎい」
言葉につまったり、ためらったりするときに発する語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 終助 )
〔近世中期以降の語〕 文末の種々の語に付く。活用する語には言い切りの形に付くが、形容動詞にはその語幹に付く。
強意を表す。 「大人が勝つのはあたりまえ-」
軽く言いはなす。 「無理なことだし、まあいい-」 「どのみち同じこと-」
質問・反駁はんばくの気持ちを強める。疑問詞とともに用いられる。 「どこへ行けばいいの-」 「なに-、生意気言って」
他人の話を紹介するときに用いる。「とさ」「てさ」の形をとる。 「むかしむかし、大きな国があったと-」 「大勢で押しかけたんだって-」
( 間投助 )
文節末に付いて、口調を整える。相手の注意を引き止めようとする気持ちが込められる。 「だって-、お父さんがいいって言ったんだもの」 「お母さんが-、早くおいでって」
( 格助 )
〔中世後期以降の東国語。現在でも関東以東の各地で用いられる〕 格助詞「」に同じ。方向を示す。 「都みやこ-ノボル/ロドリゲス」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 接尾 )
形容詞・形容動詞の語幹、一部助動詞の語幹に準ずるものに付いて名詞をつくる。
その表す性質・状態・心理そのもの、またその程度などを表す。 「深-」 「つら-」 「暖か-」 「会いた-見た-」
文末にあって、感動の意を表す。 「ももしきの大宮人の罷り出て遊ぶ今夜の月のさやけ-/万葉集 1076
動詞の終止形に付いて名詞をつくる。移動の行われるときの意を表す。…している折。…するとき。 「帰る-」 「行く-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第3行第1段の仮名。平仮名の「さ」は「左」の草体から、片仮名の「サ」は「散」の初めの3画からできたものである。万葉仮名では「左、佐、作、酢、沙、紗、散(以上音仮名)、狹(訓仮名)」などが清音に使われ、「社、射、謝、耶、奢、裝、奘(以上音仮名のみ)」などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(佐)」「(散)」「(斜)」「(沙)」などがある。
 音韻的には/sa/(濁音/za/)で、上歯茎と舌との間で調音する無声摩擦音[s](有声破擦音[dz])を子音にもつ。古く中央語のサ行子音は破擦音の[ts]であったとも、また摩擦音の[]であったとも推定されているが、確定しがたい。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘代名〙 他称。相手側の人、または話題の人をさし示す(中称)。もっぱら格助詞「が」を伴い「さが…」の形で用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘感動〙
① はやしことば。
※催馬楽(7C後‐8C)高砂「何しかも、沙(サ)、何しかも」
② 人を誘い促し、詰問などするときに発する語。
※兵範記‐仁平二年(1152)四月一一日「召官人、応嗄(さ)、即参進」
※日葡辞書(1603‐04)「Sa(サ) マイラウ」
③ 驚いたり、返答に困ったときなどに発する語。
※狂言記・今悔(1660)「さ かかったは」
④ 相手のことばを軽くおさえて、こちらが話を引きとるときに用いる語。
※多情仏心(1922‐23)〈里見弴〉初雪の夜「女将は、やや亢奮して、手つきでも抑へて、すぐにかぶせて云った。『さ、ですからあたしは、〈略〉決してきちんとしたことを云った試しがないんですけど』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[1] 〘格助〙 格助詞「へ」の用法に相当する中世末以後の東国方言。→語誌(1)。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「Miyacosa(ミヤコサ) ノボル」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「わしイ国サ居たとき、珍事てうような事が有(あっ)けヱ」
[2] 〘間投助〙 近世以後、うちとけた間柄の会話で用いる、確認の気持をこめて話しかける助詞。同様の間投助詞「ね」にくらべ、聞き手に対する働きかけは弱く、むしろ聞き手をも包括した話し手自身への指向性が強い。文末に用いられる場合と、文中の文節末に用いられる場合とがある。→語誌(2)。
① 文末の用法。
※浄瑠璃・今宮心中(1711頃)上「もふよいはよいは。しなぬ程にしてをけさ」
※洒落本・郭中奇譚(1769)弄花巵言「まづそんな物さ」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「爰が木や花のたんとあるお山だっサね」
② 文中の文節末の用法。口調をととのえる働きが強い。
※歌舞伎・好色伝受(1693)上「いやさ、此書置がなければ、何の詮議もなけれども書置があるによって御訴訟申す」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「アレサ、あの子が泣くはな」
[語誌](1)((一)について)(イ) 「実隆公記‐明応五年正月九日」に宗祇談として「京に、つくしへ、坂東さ。京にはいつくにゆくなと云、筑紫にはいつくへゆくと云、坂東にはいつくさゆくと云〈略〉如此境談あり」と記し、また、「四河入海‐一九」では「筑紫に京へ坂東さ」を引いて漢詩の助辞を説明する。これらは当時すでに方言としての認識があったことをうかがわせる。このように、格助詞「さ」は、東国語として注目されるが、江戸語ではほとんど用いられず、現在では、関東の北東部から東北地方で使われている。(ロ) 語源的には、方向を表わす接尾辞「さま」に由来するとされる。当初、「移動の方向」を表わすのに用いられていたのが、徐々に領域を拡張し、「移動の帰着点」「移動の目的」「存在の場所」などをも表わすようになった。用法の地域差は、このような発達の過程を反映している。「移動の方向・帰着点」を表わす用法は先述のほぼ全域に見られるが、「移動の目的(見さ行く)」は主に太平洋側に、「存在の場所(ここさある)」は主に日本海側に限られる。また、移動を伴わずに方向性のみを表わす用法(「大工さなる」など)は各地に点在する。
(2)((二)について)(イ) 近世初期には男性、特に武士が用いる、感動を表わす助詞であった。これによく似た語に終助詞「す」がある。これは上方にはない、江戸独特のもので、「さ」よりも自分で確認する意が強い。そういう性格を反映してか、「す」はより打ち解けた場合に用いられた。(ロ) 「さ」は聞き手に対する働きかけが弱いため、(二)①の「浮世風呂」の例のように、それを担う間投助詞「ね」と重ね用いられることがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘接頭〙
① 名詞・動詞・形容詞の上に付いて、語調をととのえる。実質的な意味はほとんどない。「さ夜」「さ霧」「さ迷う」「さとし」「さ噛みに噛む」「さまねし」など。
② (「五月」「早」) 名詞の上に付いて、時期的に早く若々しい、また、五月の意をあらわす。「五月蠅(さばえ)」「早乙女(さおとめ)」「早苗(さなえ)」「五月(さつき)」「五月雨(さみだれ)」など。
③ 時間をあらわす名詞の上に付いて、「さきの」の意をあらわす。「さ来年」「さ来月」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘接尾〙
[一] 形容詞・形容動詞の語幹、また、これに準ずる助動詞に付いて名詞をつくる。
① その性質、状態の程度。その様子。「親切さ」「高さ」「短さ」「苦しさ」「静けさ」「静かさ」「きのどくさ」「かなしげさ」「男らしさ」「見たさ」「けしからずさ」など。
※万葉(8C後)六・九八五「天にます月読壮子(をとこ)(まひ)はせむ今夜(こよひ)の長者(ながサ)五百夜(いほよ)継ぎこそ」
② 連体語を受けて文末に置かれ、感動の意を表わす。形容詞、形容動詞を述語とする文の主語が、この場合は連体語になる。
※万葉(8C後)七・一〇七六「ももしきの大宮人のまかり出て遊ぶ今夜の月のさやけ左(サ)
※徒然草(1331頃)二三四「人はいまだ聞き及ばぬ事を、我が知りたるままに『さてもその人の事の浅ましさ』などばかり言ひやりたれば」
[二] 移動に関する動詞の終止形に付いて、名詞をつくる。移動の行なわれている時の意。…している途中。…している折。…際。…するとき。「ゆくさ」「くさ」「帰るさ」「入るさ」など。「さだ」「しだ」「しな」などの名詞と関係があろう。→ゆくさくさかえるさいるさ
[三] 方向に関する名詞に付いて、その方向にある状態をいう。「さま」また助詞の「さ」に関係があろう。→たたさよこささかさ
[四] 人の名や人物、また、人物を表わす名詞に付いて、敬意を表わす。さま。さん。
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)三「いかになよ旅の殿さ、お草臥(くたばり)であるべいに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さの関連情報

他サービスで検索

「さ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.