Rakuten infoseek

辞書

さ障【ささわり】

精選版 日本国語大辞典

さ‐さわり ‥さはり【さ障】
〘名〙 (「さ」は接頭語) さしさわりになること。さまたげとなること。また、その物事。さわり。じゃま。
※毛利家文書‐天文二三年(1554)正月二日・毛利隆元自筆書状「早彌近国にわか身はささわりもなくふるまい候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ‐さわ・る ‥さはる【さ障】
〘自ラ四〙 (「さ」は接頭語) さまたげとなる。さわりとなる。じゃまが生じる。さわる。〔文明本節用集(室町中)〕
※毛利家文書‐(年月日未詳)(室町)毛利隆元自筆覚書「ちとそれに人の存分ささはり候へは、腹立之事」
※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)下「あれもまだたっぷり穿ちがあるけれど、芝居へささはるを遠慮して大略した物さ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ障」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さ障の関連情報

他サービスで検索

「さ障」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.