Rakuten infoseek

辞書

さ躍【さおどる】

精選版 日本国語大辞典

さ‐おど・る ‥をどる【さ躍】
〘自ラ四〙 (「さ」は接頭語) おどる。とびはねる。
※万葉(8C後)一九・四一四八「杉の野に左乎騰流(サヲドル)(きぎし)いちしろくねにしも鳴かむ隠妻かも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ躍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さ躍の関連情報

他サービスで検索

「さ躍」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.