Rakuten infoseek

辞書

さ寝【サヌ】

デジタル大辞泉

さ・ぬ【さ寝】
[動ナ下二]寝る。特に、男女が共寝する。
「―・ねむとは吾(あれ)は思へど」〈・中・歌謡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ‐ね【さ寝】
《動詞「さぬ」の連用形から》寝ること。特に、男女が共寝すること。
「まかなしみ―に我(わ)は行く鎌倉の水無瀬川(みなのせがは)に潮満つなむか」〈・三三六六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さぬ【さ寝】
( 動下二 )
〔「さ」は接頭語〕
寝る。共寝する。 「白たへの翼はねさし交へて打ち払ひ-・ぬとふものを/万葉集 3625

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さ‐な・す【さ寝】
〘自サ四〙 (「さ」は接頭語。「なす」は「寝(ぬ)」の尊敬語) おやすみになる。寝ていらっしゃる。寝(な)す。
※万葉(8C後)五・八〇四「をとめらが 佐那周(サナス)板戸を 押し開き い辿(たど)り寄りて 真玉手の 玉手さし交へ さ寝し夜の」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ‐・ぬ【さ寝】
〘自ナ下二〙 (「さ」は接頭語)
① 寝る。
※万葉(8C後)一五・三六二六「鶴(たづ)が鳴き葦辺をさして飛び渡るあなたづたづし独り佐奴礼(サヌレ)ば」
② 特に、男女が共寝する。
※古事記(712)下・歌謡「愛(うるは)しと 佐泥(サネ)し佐泥(サネ)てば 刈薦(かりこも)の 乱れば乱れ 佐泥(サネ)し佐泥(サネ)てば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ‐ね【さ寝】
〘名〙 (「さ」は接頭語。「ね」は下二段動詞「ぬ」の連用形の名詞化) 寝ること。特に、男女がいっしょに寝ること。
※万葉(8C後)一四・三三六六「ま愛(かな)しみ佐禰(サネ)に我(わ)はゆく鎌倉の美奈の瀬川に潮満つなむか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ寝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さ寝の関連情報

他サービスで検索

「さ寝」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.