Rakuten infoseek

辞書

さねさし【サネサシ】

デジタル大辞泉

さねさし
[枕]「相模(さがむ)」にかかる。
「―相模の小野に燃ゆる火の」〈・中・歌謡〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さねさし
( 枕詞 )
「相模さがむ」にかかる。語義・かかり方未詳。 「 -さがむの小野に燃ゆる火の/古事記

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さねさし
国名「相模(さがむ)」にかかる。語義、かかりかた未詳。
古事記(712)中・歌謡「佐泥佐斯(サネサシ)相模(さがむ)の小野に燃ゆる火の火中(ほなか)に立ちて問ひし君はも」
[補注]「さ」接頭語か。語源については諸ある。
(1)「ね」を嶺とし、(イ) 「さし」は「瑞枝(みづえ)さし」などと同じくそば立つ意とする説。(ロ) 「聳」を「さし」と訓む例もあるところから〔観智院本名義抄〕、これと同じ「嶮(さが)し」の意とする説。(ハ) アイヌ語で城の意の「ちゃし」の変化したものとする説。
(2)「さね」は真の意でほめことば、「さし」はもと相模、武蔵の地を合わせていう国名とする説。
(3)「ね」は根で、「さし」は焼畑の意とする説。
(4)「さね」が真の意で「さし」はほめことばとする説。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さねさし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さねさしの関連情報

他サービスで検索

「さねさし」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.