Rakuten infoseek

辞書

さて

精選版 日本国語大辞典

さ‐て
[1] 〘副〙 (副詞「さ(然)」に助詞「て」が付いてできたもの)
① すでに存する事柄を状態として具体的に指示する。そのような状態で。そのままで。それがすべて。
※万葉(8C後)一〇・二三二九「雪寒み咲きには咲かず梅の花よしこのごろは然而(さて)もあるがね」
※徒然草(1331頃)八二「しのこしたるを、さて打置たるは、面白く」
② すでに存する事柄を、状態として抽象的に指示する。しかじかの状態で。これこれで。
※蜻蛉(974頃)上「二日ばかりありて見えたれば、『これ、さてなんありし』とて、見すれば」
③ すでに存する事物・事態をうけて、それに時間的・論理的に後続して生ずる事物・事態の叙述の説明、修飾とする。そうなった後に。その次に。
※万葉(8C後)一〇・二二四四「住吉(すみのえ)の岸を田に墾(は)り蒔きし稲乃而(さて)刈るまでに逢はぬ君かも」
[2] 〘接続〙 (・偖・扠)
① 文脈上すでに存する事物・事態をうけ、これと並行して存する他の事物・事態に話を転じる。一方では。他方。ところで。
※竹取(9C末‐10C初)「其(それ)よりなむ少し嬉しき事をば、かひありとはいひける。さてかぐや姫、形の世に似ずめでたき事を、帝きこしめして」
※虎明本狂言・福の神(室町末‐近世初)「先此のこりは、ふくの神がたべう、さてなんじらは、たのしうなりたいな」
② すでに存する事物・事態をうけ、時間的にこれに続く事態を導く。
(イ) そうして。それから。その後。
※伊勢物語(10C前)一〇「むかし、をとこ、武蔵の国までまどひありきけり。さて、その国に在る女をよばひけり」
(ロ) だから。そこで。
※蜻蛉(974頃)下「かういふ人、あまたあなりときく。さてなるべし。我ならぬ人まつならばまつといはでいたくなこしそ沖つ白波」
(ハ) だからといって。そうはいっても。さりとて。
※落窪(10C後)一「ともかくも御心。さてつかひよしとはしもなの給そ」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「一日二日は切に其事ばかりを考へてゐたが、さて分別は容易に着かぬ」
[3] 〘感動〙
① それにしても。まあ。それはそうと一体。はてさて。さあ。
(イ) 疑問文に用いる。
※謡曲・山姥(1430頃)「これは思ひも寄らぬことを承り候ふものかな、さてたれと見申されて山姥の歌のひと節とはご所望候ぞ」
(ロ) 感動文に用いる。
※虎明本狂言・花子(室町末‐近世初)「ああさて、はなごのやさしや、まだ夜もふかひほどに、おくらうと云て」
※鞍馬天狗(1924‐59)〈大仏次郎〉江戸日記「さて困った! 用事とは困ったな」
② 文末に置かれる特殊用法。自分の発言内容をいかにもその通りだと確認する気持を表わす。まあ。
※虎明本狂言・花子(室町末‐近世初)「うでがうなりと、づかうなり共おたきやれさて」
③ 何か動作をしようとするときに発する語。さてと。さあ。
[4] 〘形動〙 一つの事態に対する、強い疑惑・不賛成の気持を表わす。うまくないさま。よくないさま。あぶないものだ。
※応永本論語抄(1420)子張第一九「人は管見ではさて也」
※謡曲・烏帽子折(1480頃)「三つが三つながら消ゆるならば、今夜の夜討ちもさてよのう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さて」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さての関連情報

他サービスで検索

「さて」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.