Rakuten infoseek

辞書

ささ【ササ】

デジタル大辞泉

ささ[副]
[副]《「さざ」とも》
水が勢いよく流れたり注ぎかかったりするさま。
「あがきの水、前板まで―とかかりけるを」〈徒然・一一四〉
風が吹くさま。
「扇をひろげて、殿上を―とあふぎ散らして」〈盛衰記・三〉
動きの速いさま。
「人々の―と走れば」〈大鏡・道長下〉
大勢の人々が口々に物をいってさわがしいさま。また、一時に笑うさま。
「聴聞衆ども、―と笑ひてまかりにき」〈大鏡・道長下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ささ[感]
[感]
人を促すときなどに発する語。さあさあ。「ささ、どうぞおさきに」
歌謡で用いる囃子詞(はやしことば)。
「残(あ)さず飲(を)せ―」〈神功紀・歌謡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ささ
岡山県、真備竹林麦酒醸造所が製造する地ビール

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ささ
( 副 )
(「と」を伴って)
水の勢いよく流れ注ぐさま。 「あがきの水、前板まで-とかかりけるを/徒然 114
ざわざわと音や声を立てるさま。 「 -とののしりさわぐ程に/栄花 浦々の別

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ささ
( 感 )
はやすときに用いる語。 「この御酒の御酒のあやにうた楽し-/古事記
人にものをすすめたり、うながしたりするときなどにいう語。 「 -、どうぞ」 「 -いはんすなそこぢやて/滑稽本・浮世床

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ささ
〘名〙 植物「ささげ(豇豆)」をいう女房詞。〔大上臈御名之事(16C前か)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ささ
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 風が吹く音などを表わす語。さっさっ。〔名語記(1275)〕
② 水などが勢いよく流れたり、そそぎかかったりするさまを表わす語。〔名語記(1275)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ささ
〘感動〙
① はやしことば。
古事記(712)中・歌謡「この御酒(みき)は 我が御酒ならず〈略〉豊寿(ほ)き 寿き廻(もとほ)し 奉(まつ)り来し御酒そ 残(あ)さず飲(を)せ 佐佐(ササ)
② 人に物事を勧めたり誘ったりする時に発する語。さあさあ。
滑稽本浮世床(1813‐23)初「ササいはんすなそこぢゃて。そりゃ立入ぢゃないとっとの横入ぢゃ」
[補注]①の挙例の「古事記‐中・歌謡」の用例は酒楽の歌であり、酒の意のササとの関係も類推される。ただし、酒を表わすササの確例は、近世初頭までくだる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ささ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ささの関連情報

他サービスで検索

「ささ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.