Rakuten infoseek

辞書

さい【サイ】

デジタル大辞泉

さい
[形動]《「さよう」の音変化》「さよう」のいく分ぞんざいな言い方。「さいざんす」「さいです」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さい
助動詞「さる」の命令形。四段・ナ変以外の活用の動詞の連用形に付いて、軽い敬意を表す。 「あれみさいなう、空行く雲のはやさよ/閑吟集」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい
〘名〙
① 魚「にごい(似鯉)」の異名。
梁塵秘抄(1179頃)二「海老漉舎人は何処へぞ、さい漉舎人許行くぞかし」
② 魚「うぐい(鯎)」の異名。〔物類称呼(1775)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい さゐ
〘名〙 植物「やまゆり(山百合)」の異名。〔古事記(712)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい
〘名〙 敷居。特に、室内の敷居をさしていう。
※三議一統大双紙(15C前)法量門「座席出入の事。〈略〉又座に入時は、さいのきは一尺二寸のけて爪先をたつべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい
〘名〙 拳(けん)をするときに用いる語で、七を意味する。
浄瑠璃冥途飛脚(1711頃)中「けんの手じなの手もたゆく。ろませさい。とうらい。さんな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい
〘形動〙 (「さよう」の変化した語) ぞんざいな語形で、「さいざんす」「さいです」「さいでございます」などの連語を作る。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい
(助動詞「さる」の命令形。四段・ナ変以外の動詞連用形に付いて) 軽い尊敬または親愛の意を持った命令を表わす。なさい。中世から近世にかけて用いられた。
歌謡・閑吟集(1518)「あまり言葉のかけたさに、あれ見さひなう、空行く雲の速さよ」
※虎寛本狂言・素襖落(室町末‐近世初)「あの山見さい、此の山見さい。いただきやつれた小原木
[語誌](1)「ロドリゲス日本大文典」では、四段活用系の動詞に続く「い」と、一・二段活用系の動詞に続く「さい」とを組み合わせた形でとらえ、ともに低い敬意を示す命令のことばとして挙げている。
(2)室町時代後期の口語資料に同程度の敬意を示す命令表現として「い」とともに見られるが、中央語における衰退は早く、江戸時代初期には古い感じを伴い、老人言葉などとして現われ、その後も歌謡など、特殊な慣用的表現に用いられるにとどまる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さいの関連情報

他サービスで検索

「さい」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.