Rakuten infoseek

辞書

ごう

精選版 日本国語大辞典

ごう
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 吹き荒れる風の音や、はげしく流れる水の音、非常な勢いで走る列車の音、鐘の音などのような、はげしく響く音を表わす語。
※日本書紀桃源抄(15C後)「鐘は喉のなりぞ。がうと云は喉からがうと云ぞ」
※一握の砂(1910)〈石川啄木〉忘れがたき人人「ごおと鳴る凩のあと 乾きたる雪舞ひ立ちて 林を包めり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ごうの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.